よく読まれた『カレントアウェアネス(-E、R)』の記事(2008年6月期)

カレントアウェアネス・ポータルで提供している『カレントアウェアネス』『カレントアウェアネス-E』『カレントアウェアネス-R』の月間アクセス数上位10本をご紹介します。

(集計期間:2008.6.1~2008.6.30)

カレントアウェアネス

記事タイトルアクセス数
CA1603 - インフォメーション・コモンズからラーニング・コモンズへ:大学図書館におけるネット世代の学習支援 / 米澤誠455
CA1660 - 研究文献レビュー:看護図書館 / 今田敬子437
CA1654 - 情報倫理と図書館 / 後藤敏行361
CA1485 - ISBDの新たな展開-ISBD(M)と(CR)- / 那須雅煕347
CA1319 - 横浜市立図書館の「勇気ある」決断?著作権法第30条によるコピーサービスの実施? / 南亮一332
CA1650 - 書誌コントロールの将来に向けたLCの取り組み / 倉光典子295
CA1659 - 研究文献レビュー:今日の医学図書館 / 城山泰彦280
CA1651 - アフォーダンス理論に基づく情報行動研究の可能性 / 坪井伸樹276
CA1655 - 小特集 北欧のコミュニティと公共図書館:デンマーク / 吉田右子243
CA1652 - チャットレファレンスサービスに必要な専門的能力 / 小田光宏219

カレントアウェアネス-E

記事タイトルアクセス数
E799 - 図書館法など社会教育関連法規改正される(日本)409
E785 - 四川大地震による図書館の被害状況376
E601 - 図書館員が極めて重要である33の理由311
E792 - Microsoft,書籍デジタル化事業等から撤退269
E787 - 文科省,2007年度「学校図書館の現状に関する調査」結果を公表224
E793 - リポジトリ内コンテンツのversionを明確にするために218
E794 - 公共図書館による専門サービス提供の実情(英国)196
E795 - 視覚障害者のPC・インターネット・携帯電話利用実態(日本)186
E798 - NDL,子どもの情報行動に関する調査報告書を公表172
E800 - 図書館による過去の大学新聞記事デジタル化で名誉毀損?(米国)166

カレントアウェアネス-R

記事タイトルアクセス数
社会教育法、図書館法、博物館法が改正される2,609
図書館を利用中、ずっと後ろをついてきてくれるイス登場(オランダ)1,582
過去の大学新聞デジタル化で過去の悪事が明るみに。名誉毀損にあたるか?1,292
テレビゲーム大会は「著作権」を侵害!?686
Google Book Searchと大学図書館OPACの関係は今後?636
国立大学図書館協会、「学術情報流通の改革に向けての声明文 -学術基盤である電子ジャーナルの持続的利用を目指して-」を公表608
京都大学図書館機構の将来構想案501
オープンソースのリポジトリ+CMS+コラボレーションツール“Kete”499
「公共図書館の経営に関する調査」結果報告(日本)495
図書館への投資効果-東京、大阪で国際セミナー464