カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


【イベント】シンポジウム「図書館と社会融合:社会に開かれた情報資源」(12/4、6、7・オンライン)

2021年12月4日、12月6日、12月7日に、九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻と同大学アジア・オセアニア研究教育機構文化変動クラスターの主催により、シンポジウム「図書館と社会融合:社会に開かれた情報資源」がオンラインで開催されます。

図書館における図書以外の資料の収蔵・利活用に焦点を当て、社会に開かれた情報資源の拠点という図書館の役割の再検討を行うシンポジウムです。また、国際連合の持続可能な開発目標(SDGs)や市民科学等、図書館を通じた社会課題の解決という視点も含め、図書館と情報化・多様化した現代社会の融合を情報提供という観点から議論するとあります。

参加には事前の申し込みが必要です。

日程と登壇者は以下の通りです。

●12月4日
セッション1:図書館とボードゲーム
司会:松岡梨沙氏(ウニゲームス)
報告:
・「国内外の図書館におけるゲーム利用の全体像」日向良和氏(都留文科大学)
・「ゲームで社会にふれる。ゲームで社会を考える。」石田喜美氏(横浜国立大学)
討論:高倉暁大氏(熊本県立大学図書館)

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、調査資料「研究データ公開と論⽂のオープンアクセスに関する実態調査2020」を公開

2021年11月30日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が、[調査資料-316]として「研究データ公開と論⽂のオープンアクセスに関する実態調査2020」を公開したと発表しました。

日本の研究者によるデータ・論文の公開状況や認識を明らかにすることを目的として、2016年、2018年に引き続き、2020年11月にウェブアンケートが実施されました。寄せられた1,349人(回答率70.5%)の回答の分析結果や、2016年・2018年の調査結果との比較結果をまとめています。

要旨では、以下をはじめとした内容が挙げられています。

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)、除籍予定の外国書籍の寄贈に関するInternet Archiveとの合意を再検討

2021年11月29日、ニュージーランド国立図書館(NLNZ)が、除籍予定の外国書籍の寄贈に関するInternet Archive(IA)との合意を再検討すると発表しました。

多様な関係者から示された著作権に関する課題をはじめとした懸念を踏まえ、外国書籍に関する計画を再考しており、次の段階の検討が完了するまで外国書籍の移送を行わないとあります。また、発表の中では、著者・出版者の利益を守りつつ、同館の蔵書構築方針に沿った選択肢全ての検討を行うこと等が述べられています。

National Library reconsiders agreement with Internet Archive(NLNZ, 2021/11/29)
https://natlib.govt.nz/about-us/media/national-library-reconsiders-agreement-with-internet-archive

ルクセンブルク国立図書館(BnL)ら、Couperin等による高等教育機関における電子書籍提供に関する出版者宛の公開書簡に署名

2021年11月29日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)が、フランス語圏の出版社宛の公開書簡に署名したことを発表しました。

同公開書簡は、フランスの学術機関コンソーシアムCouperin、ビジネススクールの図書館等で構成されるAciege、大学図書館長協会(Association française des directeurs et personnels de direction des bibliothèques universitaires et de la documentation:ADBU)によるものです。フランス語圏の出版者に、フランス語の電子コンテンツを拡充しアクセスしやすくすること、および提供コンテンツにおける出版者の多様性確保を求めるものです。

figshare、年次報告書“The State of Open Data 2021”を公開

2021年11月30日、Digital Science社は、傘下のfigshareが年次報告書“The State of Open Data 2021”を公開したと発表しました。

同報告書は、オープンデータを扱う研究者の動向を調べるために、2016年以来実施されている調査の第6回目の調査結果をもとにしたものです。発表によると、研究者から4,200件以上の回答が寄せられました。

主な結果として、以下の内容が挙げられています。

・回答者の73%が、研究データの公開を国が義務付けることを支援している。
・回答者の52%が、助成機関は助成の要件に研究データの共有を組み込むべきであると回答した。
・回答者の47%は、ジャーナルや出版社からの要求がデータ共有の動機となりうると回答した。
・回答者の約3分の1が、パンデミックの期間中、公開されている自身あるいは他者のデータの二次利用を以前よりも行ったと答えた。
・共有されているデータに関して、誤用やクレジットの欠如といった懸念が増えている。

フランス図書館員協会(ABF)のLégothèque委員会による、図書館とトランスジェンダーの人々に関する調査結果(記事紹介)

2021年11月23日、フランス図書館員協会(ABF)のLégothèque委員会が、図書館とトランスジェンダーの人々に関する調査結果についての記事を、ウェブサイトで公開しました。

同委員会は、図書館における包摂性や自己構築に関する取り組みを行っています。記事の中では、委員会が2021年6月から11月にかけてトランスジェンダー当事者を対象に実施し、135件の回答を得た調査の結果が紹介されています。

回答者の内、31人は図書館にあまり行かないと回答しており、その理由として、利用者登録の過程で不快感やトランスフォビア的な反応を示される場合があること等が挙げられています。また、利用者が調査等で実際に使用している語彙と図書館の目録で用いられている語彙に齟齬があると指摘されています。加えて、約82%が図書館滞在中に「良い」「どちらかと言えば良い」と感じている一方、全体の45.5%は図書館を「安全な場所」と感じないと回答したこと等が述べられています。

調査を踏まえて、記事の中では、図書館に求められるものとして、看板の掲示や利用者登録の簡素化等の来館しやすくなるような工夫、関連コレクションの充実、開かれたインクルーシブな空間の構築をはじめとした取組を挙げています。

Nature Awards、新しいコンペティション“Science in Shorts”を開始

2021年11月16日、Springer Nature社は、同社とNature Awardsが独・メルク社と共同でコンペティション”Science in Shorts”を開始すると発表しました。

このコンペティションは、科学者が自身の研究に人々が触れる機会を増やすため、科学者がそれぞれの研究の要点を60秒にまとめた独創的な動画を制作することを促し、一般市民と科学との関わり合いを生み出すことを目指しています。

2022年7月には、応募された動画の中から上位10作品が優秀作品として選定される予定で、最終選考に残った作品には、それぞれ5,000ユーロが授与されるとあります。また、これらの動画はnature.comとYouTubeで公開されます。

応募資格は2020年11月1日から2021年11月1日までの間にネイチャー・ポートフォリオのジャーナルに出版された論文著者とあり、筆頭著者や責任著者であるかは問わないとあります。また、応募期間は、2021年11月15日から2022年2月28日となっています。

ウェブサイト「Digital 法寶義林」が公開される:SAT大蔵経データベース研究会とフランス学士院碑文・文芸アカデミーとの協働の成果

SAT大蔵経テキストデータベース上に掲載された2021年11月27日付けの新着情報において、ウェブサイト「Digital 法寶義林」の公開が発表されています。SAT大蔵経データベース研究会と、フランス学士院碑文・文芸アカデミーとの協働の成果です。

「Digital 法寶義林」上のウェブページ「はじめに」によれば、『法寶義林』とは、フランスにおいて1920 年代に計画された欧州初の大規模な仏教辞典であり、二冊の別冊とともに刊行が続けられています。

「Digital 法寶義林」ではこの別冊のうち一冊に含まれる目録を検索可能としたものであり、目録データの検索に加え、地図・年表上での表示も可能です。また、日本語版・フランス語版・英語版のインターフェースが用意されています。現時点では収録データ範囲が『法寶義林』所収のものに限られており、今後さらに拡張していく必要があるとしています。

【イベント】信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」シリーズ第3回『災害情報を明日へとつなぐ ~地域の拠点としての図書館へ~』(12/12・長野、オンライン)

2021年12月12日、県立長野図書館の主催により、信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」シリーズ第3回『災害情報を明日へとつなぐ ~地域の拠点としての図書館へ~』が、県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」およびオンラインで開催されます。

同館が目指す「共知・共創の広場」に基づき、さまざまな角度から「知ること」「学ぶこと」に取り組む人を招いて共に語り合う場として展開されているシリーズ「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」の第3回目です。

登壇者は、宮越幸代氏(長野保健医療大学看護学部看護学科准教授)、古本吉倫氏(国立長野工業高等専門学校環境都市工学科教授)、瀧内貫氏(株式会社コトト代表取締役)です。フォーラムの後半では、参加者と登壇者によるディスカッションが行われ、身近な防災対策や災害経験を未来につなぐ情報共有の新たな方策を考えるとあります。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

米国情報標準化機構(NISO)、論文へのアクセス権や再利用条件に係るメタデータ要素に関する推奨指針の改訂版を公開

2021年11月29日、米国情報標準化機構(NISO)が、論文へのアクセス権や再利用条件に係るメタデータ要素を定める推奨指針の改訂版“Access & License Indicators (ALI) Recommended Practice (NISO RP-22-2021)”の公開を発表しました。

今回の改訂により、出版者やコンテンツプラットフォーム等は、適切な個人・団体に適切なコンテンツへの自由なアクセスをより確実に提供できるようになると述べられています。

NISO Publishes Updated Access & License Indicators (ALI) Recommended Practice(NISO, 2021/11/29)
http://www.niso.org/press-releases/niso-publishes-updated-access-license-indicators-ali-recommended-practice

ページ