カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧
(⇒タイトルのみ表示

【イベント】参加型WS#2②「探究学習における子供の学びから授業をデザインするI(基礎編①)」(1/8・オンライン)

2023年1月8日、探究的な学びを支援する学校図書館について考える研究会“School Library for Inquiry Learning”(SLIL)が、参加型ワークショップ「探究学習における子供の学びから授業をデザインするI(基礎編①)」をオンラインで開催します。 探究学習の質を高めるためには、子どもが探究学習においてどのように学んでいるのかを捉えることが必要であり、本ワークショップでは、観察法、記録法を学び、ビデオ視聴に基づき、ワークショップ参加者との協働...

米国における2022年のヤングアダルトフィクションの書籍販売、2021年並みの高水準を維持:2019年比では50%以上の増加

2022年11月21日、市場調査会社NPDグループは、米国における2022年のヤングアダルト(YA)フィクション分野の紙の書籍の販売が、過去最高水準であった2021年並みの水準を維持していることを発表しました。2022年11月5日までの52週では、2021年比3%増となっており、この増加率は高水準であった2021年の伸びと比較すると控えめに見えるものの、2019年との比較では50%以上の増加を示しているとあります。NPDのアナリストによる分析として、YAフィクション分野の成...

世田谷区立図書館(東京都)、中高生の読書リーダーによる「ここが推し!私の学校図書館」を公開

2022年11月28日、東京都の世田谷区立図書館が、本と人との結びつきを手助けするリーダー「読書リーダー」による「ここが推し!私の学校図書館」を公開したと発表しました。 学校図書館の「ここが推し!」なところを、普段利用している中高生の読書リーダーが取材し、紹介しています。駒沢中学校、世田谷中学校、深沢中学校、松沢中学校、緑丘中学校、用賀中学校、法政大学国際高等学校、町田高等学校について、紹介文が掲載されています。 読書リーダーの「ここが推し!私の学校図書館」(世...

“Bibliobattle of the Year 2022”の大賞は「コバショでビブリオ」

2022年11月22日、各地のビブリオバトルの活動をさらに盛り上げていくことを目的とした“Bibliobattle of the Year”の2022年の大賞が「コバショでビブリオ」に決定したと発表されました。 「コバショでビブリオ」は、兵庫県尼崎市の小林書店において、本好きのコミュニティを作ることを目的に、江上昇氏(ビブリオバトル普及委員会 普及委員/尼崎市職員)の呼びかけで始まったとあります。 伊丹市立図書館ことば蔵(兵庫県)、一般社団法人フリンジシアターア...

国文学研究資料館、笠岡市教育委員会(岡山県)が管理する「森田思軒自筆原稿資料」をデジタル化し公開

2022年11月14日、国文学研究資料館が、笠岡市教育委員会(岡山県)が管理する「森田思軒自筆原稿資料」をデジタル化し公開したと発表しました。 「森田思軒自筆原稿資料」は、明治時代の新聞記者・翻訳家である森田思軒による草稿資料157点、合計1,009枚で構成され、J・ヴェルヌ著『十五少年』やE・A・ポー著『間一髪』、C・ディッケンズ著『牢帰り』、V・ユゴー『レ・ミゼラブル』の翻訳草稿等が含まれているとあります。 同資料館の「近代書誌・近代画像データベース」で検索...

龍谷大学図書館、試行的に24時間開館を実施:論文提出前の時期限定

2022年12月9日、16日、23日に、龍谷大学図書館が、同館大宮図書館において試行的に24時間開館を実施すると発表しました。 閉館時間を気にせず、文献・資料の閲覧、レポート・卒業論文・修士論文・博士論文の作成に図書館を利用できる環境を提供するため、論文提出前の時期限定で実施するとあります。対象は、同大学の文学部学生、文学研究科生、実践真宗学研究科生、教職員です。 大宮図書館における24時間開館の試行的実施について(お知らせ)(龍谷大学図書館, 2022/11/...

Springer Nature社、Figshareを導入するジャーナルの拡大を発表

2022年11月16日、Springer Nature社が、研究データ等の研究成果の公開プラットフォームFigshareを導入するジャーナルを拡大すると発表しました。 発表によると、2022年4月に、同社とFigshareは、Natureポートフォリオでの研究データ登録に関するパイロットを一部タイトルで開始していました。 同パイロットの成功を受けて、Nature誌を含む、生命科学・健康科学・化学・物理科学分野のNatureポートフォリオジャーナルに対象を拡大する...

引用分析プラットフォームscite、平易な言葉を用いて研究論文の検索を行える機能“Ask a Question”を追加

2022年11月16日、引用分析プラットフォームsciteが、平易な言葉を用いて研究論文の検索を行える機能“Ask a Question”を追加したと発表しました。 ユーザーは、同機能を用いて、「硬水を飲むのは健康に悪影響があるのか」といった平易な言葉で検索を行い、研究論文3,200万件以上の全文からその答えを見つけることができると述べられています。 Ask a Question, Get Answers Directly from Research Artic...

【イベント】日本出版学会 2022年度秋季研究発表会(12/3・茨木)

2022年12月3日、大阪府茨木市の追手門学院大学総持寺キャンパスで、日本出版学会2022年度秋季研究発表会・総会が開催されます。 参加費は、会員1,000円、一般2,000円、学部生無料(学生証提示者のみ)です。事前の申込みが必要です。 内容は、次のとおりです。 ○個人研究発表●第一分科会・「雑誌記事の言説からみる「推し活」のメディアイメージ」田島悠来氏(帝京大学) ・「MIEでの雑誌つくり:教員・指導者用マニュアル2――手描きラフの重要性と追加プ...

文化審議会、国宝・重要文化財(美術工芸品)と登録有形文化財(建造物)の登録について答申:『源氏物語』国冬本(天理大学附属天理図書館)が重要文化財、天理図書館(奈良)が登録有形文化財に

2022年11月18日、文化審議会が、美術工芸品4件を国宝に,47件を重要文化財に、建造物109件を登録有形文化財に指定することについて文部科学大臣に答申を行ったと発表しました。 重要文化財への指定が答申されたものには、奈良県の天理大学附属天理図書館が所蔵する『源氏物語』国冬本が含まれています。登録有形文化財への指定が答申された建造物には、同館西館と東館が含まれています。 文化審議会答申 (国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定等)(文化庁, 2022/11/18...