E159 - 世界情報社会サミットが開催される(スイス)

カレントアウェアネス-E

No.29 2004.01.21

 

 E159

世界情報社会サミットが開催される(スイス)

 

 国連の世界情報社会サミット(WSIS)が2003年12月10日から12日まで,スイスのジュネーブで開催され,176か国から政府首脳を含む1万人以上が参加し,情報社会をめぐる共通ビジョンの確立とその実現のための行動計画をめぐり活発な議論を展開した。図書館界からも国際図書館連盟(IFLA)や各国図書館協会等が参加し,働きかけを行った。

 サミットでは,「情報社会の構築:新世紀における世界の挑戦」と題する宣言と行動計画が採択された。宣言の中では,情報ネットワークへの公的なアクセスポイントの提供,情報への自由・平等なアクセスと保存の促進,情報リテラシー教育の推進等の面において,図書館および図書館員が積極的な役割を果たすべきことが明記された。IFLAはこれを評価する一方,行動計画の達成目標(2015年)が遅すぎること,目標達成に必要な財源が示されていないことの2点を問題点として指摘した。

 次回サミットはチュニジアのチュニスで2005年11月16日から18日まで開催される予定である。

Ref:
http://www.ifla.org/III/wsis/wsis-1503.html
http://www.itu.int/wsis/
http://www.soumu.go.jp/s-news/2003/031215_4.html