E2212 - ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議(DC-2019)

カレントアウェアネス-E

No.382 2019.12.19

 

 E2212

ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議(DC-2019)

電子情報部電子情報流通課・井上佐知子(いのうえさちこ)
電子情報部電子情報サービス課・町屋大地(まちやだいち)

 

 2019年9月23日から26日にかけて,韓国ソウル特別市の韓国国立中央図書館(NLK)において「2019年ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議(DC-2019)」(E2074ほか参照)が開催された。韓国での開催は2009年から10年ぶりとなる。

 2019年の会議は「メタデータの設計におけるイノベーション・実装・ベストプラクティス」(Innovation in metadata design, implementation & best practice)をテーマとし,各国から100人余りが参加した。会議日程の前半となる23日及び24日は本会議として基調講演とセッションが開催され,それに続く3日目は3つのワークショップ及びチュートリアル,4日目に「ハック・デー」「ベストプラクティス・デー(BPD)」等のイベントが開催された。BPDは今回の会議が初の取組であり,会議参加者がメタデータ集約・活用におけるベストプラクティスを相互共有することを目的とするイベントであった。

 国立国会図書館(NDL)からは,国の分野横断統合ポータルとして構築されたジャパンサーチ(試験版;E2176参照)に関連した2つの発表を行った。1つはジャパンサーチに集約されたメタデータを利活用に適したRDF(Resource Description Framework)で出力する際のスキーマである「利活用スキーマ」の設計・構築についてのものであり,1日目の「特定の文脈におけるメタデータ」(Metadata in Specific Contexts)セッションで発表を行った。もう1つは前述のBPDにおけるものであり,ジャパンサーチ自体の事業概要,機能・事例に関する紹介をデモンストレーションも交えながら行った。会議参加者からはジャパンサーチについて,日本国外の同様な取組との連携やジャパンサーチ以外のオープンデータとの組み合わせによる利活用事例の充実に期待する声が寄せられた。

 今回の会議では,Linked Data(CA1746参照)に関する発表が多く行われた。韓国・成均館大学校の高(Young Man Ko)教授の基調講演では,学術用語を構造化して記述しRDFの形に変換することで,SPARQLのクエリを用いた複雑な検索を可能とした研究について発表された。またBPDにおけるNLKからの発表においては,全国書誌作成において使用しているMARC21を拡張したKORMARCとMODS(Metadata Object Description Schema)をRDFに変換しLinked Open Data(LOD)として提供する取組(E2127参照),物理資料とオンライン資料という媒体に応じてMARCとMODSという異なるフォーマットで記述された書誌を統合的に検索できるよう,著作ごとに書誌データのクラスタリングを実施しダブリンコア語彙に基づいて正規化したこと,2023年までにRDFに基づいたBIBFRAME(CA1837参照)を導入予定であることが紹介された。

 また,DC-2019ではコミュニティベースのオープンな知識データベースであるWikidataに関する取組も主要なテーマであった。セッションでは,Europeana財団から文化資源について,より豊かな情報を提供するためのWikidataの有用性の検討に関する報告や,立命館大学ゲーム研究センターからビデオゲームのカタロギング(CA1931参照)においてWikidataを活用する取組の報告などが行われた。これに加えて3日目には「LODクラウドのハブとしてのWikidata(Wikidata as a hub for the Linked Data cloud)」と題した丸一日のチュートリアルが催され,Wikidataの概要・活用事例が紹介されるとともに,グループごとにWikidataへのデータ追加や利用の可能性に関するディスカッションが行われた。

 全体を通して各機関が提供するサービスの概要に留まらず,内部のデータ構造や試行中の取組についての発表も多く,メタデータに関する最新の研究・活用動向も知ることができる貴重な経験となった。2020年の会議は,9月14日から17日まで,カナダのオタワで開催される予定である。

Ref:
https://www.dublincore.org/conferences/2019/
https://www.dublincore.org/conferences/2019/programme/
https://www.dublincore.org/conferences/2019/best_practice_day/
https://www.dublincore.org/news/2019/10-02-dcmi-2019-is-over/
https://easychair.org/smart-slide/slide/1VFN
https://jpsearch.go.jp
https://jpsearch.go.jp/api/introduction/
E2074
E2176
E2127
CA1746
CA1837
CA1931