ユネスコ、“Translate a Story Ukraine”キャンペーンを開始:幼児向け電子書籍をウクライナ語に翻訳

2022年4月12日、ユネスコが、“Translate a Story Ukraine”キャンペーンを開始したと発表しました。

ロシアによる侵攻が続いているウクライナにおいて、学校に通えない子どもの学習の継続を確保するため、幼児向けの電子書籍をウクライナ語に翻訳してアクセスを可能にしようとするものです。ノルウェー開発協力庁(Norad)、教育関連資料のオンラインでの利活用を行うGlobal Digital Library(GDL)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などと協力し、少なくとも100冊の幼児向け電子書籍をウクライナ語に翻訳することを目標としています。

翻訳された本は校正され、GDLと現地のウクライナ語のオンライン・プラットフォームで利用できるようになるほか、携帯電話やタブレット端末などのモバイル学習端末からも自由にアクセスできるようになる予定であるとしています。関心のある人は翻訳者や校正者としてキャンペーンに参加することもできます。

なお、今回の“Translate a Story Ukraine”は、COVID-19による学校閉鎖の際に子どもに母語による読書リソースを提供し、家庭での読書を促進することを目的にユネスコが2020年に4月に開始した“Translate a Story”イニシアチブの延長です。

UNESCO and NORAD join forces with partners to translate storybooks for Ukrainian children(UNESCO, 2022/4/12)
https://www.unesco.org/en/articles/unesco-and-norad-join-forces-partners-translate-storybooks-ukrainian-children?hub=66116

Translate a Story Ukraine(Global Digital Library)
https://digitallibrary.io/ukraine/

関連:
Translate a Story initiative(UNESCO)
https://en.unesco.org/themes/ict-education/translate-story

参考:
ユネスコと文化財保存修復研究国際センター(ICCROM)、ウクライナ・キーウのMaidan Museumと協同で文化財救出・保全に関するハンドブック“Endangered Heritage”をウクライナ語に翻訳
Posted 2022年4月27日
https://current.ndl.go.jp/node/46053

ロシアによるウクライナへの侵攻に対する、国立図書館・文書館・博物館および関係機関等の声明
Posted 2022年3月1日
https://current.ndl.go.jp/node/45704

E2483 - ロシアによるウクライナ侵攻に関連する図書館・博物館の状況
カレントアウェアネス-E No.433 2022.04.21
https://current.ndl.go.jp/e2483