【イベント】信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」シリーズ第3回『災害情報を明日へとつなぐ ~地域の拠点としての図書館へ~』(12/12・長野、オンライン)

2021年12月12日、県立長野図書館の主催により、信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」シリーズ第3回『災害情報を明日へとつなぐ ~地域の拠点としての図書館へ~』が、県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」およびオンラインで開催されます。

同館が目指す「共知・共創の広場」に基づき、さまざまな角度から「知ること」「学ぶこと」に取り組む人を招いて共に語り合う場として展開されているシリーズ「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」の第3回目です。

登壇者は、宮越幸代氏(長野保健医療大学看護学部看護学科准教授)、古本吉倫氏(国立長野工業高等専門学校環境都市工学科教授)、瀧内貫氏(株式会社コトト代表取締役)です。フォーラムの後半では、参加者と登壇者によるディスカッションが行われ、身近な防災対策や災害経験を未来につなぐ情報共有の新たな方策を考えるとあります。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─もう一歩踏み出す」シリーズ第3回『災害情報を明日へとつなぐ ~地域の拠点としての図書館へ~』(県立長野図書館, 2021/11/23)
https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/now/mezasukoto/torikumi/mlaforum_202112.html

参考:
【イベント】「未来へ災害情報をつなぐために」図書館ができることを考える(2/25・長野、塩尻、オンライン)
Posted 2021年2月18日
https://current.ndl.go.jp/node/43325

【イベント】県立長野図書館主催 信州発・これからの図書館フォーラム「共知・共創の広場へ─ もう一歩踏み出す」シリーズ第1回『まちの記憶を記録する ~「どこコレ?」のつくりかた~』(7/11・長野/塩尻/オンライン)
Posted 2021年6月17日
https://current.ndl.go.jp/node/44223

E2276 - 新しい公共空間を考える:オンラインフォーラムの試行と展望
カレントアウェアネス-E No.394 2020.07.09
https://current.ndl.go.jp/e2276