公益財団法人かながわ国際交流財団、地域の外国人への図書館サービスを充実させることを目的とした「多文化対応力向上講座 図書館編」を実施

公益財団法人かながわ国際交流財団が、「多文化対応力向上講座 図書館編」をオンラインで実施します。日本図書館協会が共催し、むすびめの会(図書館と多様な文化・言語的背景をもつ人々をむすぶ会)が協力しています。

地域の外国人への図書館サービスを充実させるため、図書館における「多文化サービス」や「やさしい日本語」を学ぶための講座です。公立図書館での実践例を踏まえ、当事者である外国人も加わってのグループワークなども実施されます。

2021年8月31日実施の入門編では、図書館サービスにおける「公共図書館での多文化サービス」や「やさしい日本語」の重要性について学ぶととも「やさしい日本語」の簡単なワークが行われます。

9月28日実施の実践編では、図書館における外国人ニーズの把握や反映の具体的手法等について、当事者である外国人からのアドバイスを受けながら学ぶとともに、日本語初心者の留学生とともに「やさしい日本語」の実践的なグループワークが行われます。

定員は両日とも30人で、参加には事前の申し込みが必要です。

多文化対応力向上講座 図書館編(かながわ国際交流財団)
https://www.kifjp.org/2021tabunkakouza02

参考:
琉球大学附属図書館、留学生向け企画「やさしい日本語の図書館クイズ」を開催:クイズ形式のセルフツアー「クイズで巡る図書館の旅」を再構成
Posted 2019年10月2日
https://current.ndl.go.jp/node/39164

韓国・京畿道、公共図書館等での多文化サービス推進のための施策を実施:マニュアル作成・資料費充当・専門家養成
Posted 2019年9月24日
https://current.ndl.go.jp/node/39085

E1900 - 『多文化サービス実態調査2015報告書』刊行
カレントアウェアネス-E No.323 2017.04.13
https://current.ndl.go.jp/e1900

CA1661 - 公共図書館の多文化サービスを進めるために-情報ニーズ調査の必要性- / 平田泰子
カレントアウェアネス No.296 2008年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1661

CA1946 - 韓国の公共図書館の多文化サービス-プログラム事例を中心として- / 廣田美和
カレントアウェアネス No.339 2019年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1946