LIS Newsが選ぶ2020年の図書館・図書館情報学関連の10大ニュース(米国)

2020年12月15日、図書館や図書館情報学に関するニュースを掲載している米国のブログLIS Newsが、同ブログが選ぶ2020年を形作った10大ニュースを発表しています。

1.いくつかの例外を除き、職員や利用者の健康を守るための図書館の閉鎖が遅く、閉鎖される前に図書館の閉鎖に関するキャンペーンが広がる

2.誤った情報が生命や民主主義を危険にさらしているが、悪い情報と戦う上での図書館員の役割は不明確のまま

3.地域の書店を支援するために設立されたオンライン書店BookshopによるAmazonへの挑戦

4.知的財産権の問題をはらむ新型コロナウイルスワクチンの探究

5.インターネットアーカイブ(IA)によるNational Emergency Library

6.コロナ禍でのオンライン試験の拡大とオンライン試験監視ソフトウェアによる監視方法の問題

7.物議を醸したことまとめ
非難にさらされた『夕陽の道を北へゆけ(American Dirt)』、元ボルチモア市長キャサリン・ピュー氏による自著を用いた不正行為、「風と共に去りぬ」の放送波からの削除、ニュージーランド国立図書館による除籍作業、オースティン公共図書館における職員によるトナーの盗難、J.K.ローリングによるトランスジェンダーをめぐる発言

8.多くのサービスを郵便に依存している図書館とトランプ大統領による米国郵便公社(USPS)の縮小策

9.Elsevier社との契約を中止する大学の増加

10.引き続き重要な問題であるバイアスを広げるアルゴリズムの問題

・Honorable Mention
コロナ禍での資料の入手方法に関する動画の作成

・Dishonorable Mention
コロナ禍でのサービスモデルを調整している図書館員への非現実で情報不足な期待を抱いている利用者からの異議申し立て

Ten Stories That Shaped 2020(LIS News,2020/12/15)
https://lisnews.org/node/45358

参考:
米国図書館協会(ALA)の理事会、新型コロナウイルス感染症の感染拡大をうけ、図書館の閉鎖を勧告
Posted 2020年3月18日
https://current.ndl.go.jp/node/40526

Internet Archive(IA)、“National Emergency Library”の終了を早めることを発表
Posted 2020年6月12日
https://current.ndl.go.jp/node/41213

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)、60万冊規模の外国書籍の除籍作業を実施中:自国刊行資料の収蔵スペース確保等のため
Posted 2020年9月23日
https://current.ndl.go.jp/node/42052

E2272 - データサイエンス,機械学習,AIの責任ある運用のために
カレントアウェアネス-E No.393 2020.06.25
https://current.ndl.go.jp/e2272

LIS Newsが選ぶ2019年の図書館・図書館情報学関連の10大ニュース(米国)
Posted 2019年12月18日
https://current.ndl.go.jp/node/39772