E396 - ニューオーリンズの図書館はいま−カトリーナから2か月

カレントアウェアネス-E

No.69 2005.11.02

 

 E396

ニューオーリンズの図書館はいま−カトリーナから2か月

 

 ハリケーン「カトリーナ」の襲来(E369参照)から2か月,被災した図書館の現状はどのようなものだろうか? 米国図書館協会(ALA)や各州立図書館の調査によって,被害や損失の詳細がわかるようになってきているが,建物の全壊,資料の水損から軽微な損傷まで被害の幅があり一括りにはできない。ミシシッピ州やルイジアナ州では,何ら被害を受けなかった図書館の方が少数である。

 中でも,最大の被害を受けたニューオーリンズ市では,学校図書館126館のうち80館が全壊し,無傷で残ったのは8館だけだったという。ニューオーリンズ公共図書館(NOPL)については,中央館は比較的無事だったものの,分館は12館のうち8館までが冠水被害を受けた。復旧にかかる資金は,当面約1,750万ドル(約20億円)が必要との試算が出ている。しかし,こうした人手を必要とする状況の中で,市は財政悪化に伴い10月に職員3,000人を一時解雇した。その中にはNOPLの職員181人も含まれており,残ったのは19人の職員だけである。

 こうした逆境の中,NOPLは復旧を急ぎ,10月31日,中央館と2分館で一部のサービスを再開した。インターネット・アクセスや電話でのレファレンスなどを提供しているという。現在,NOPLは緊急用ホームページで復旧作業の進捗状況などを伝えている。

Ref:
http://www.ala.org/ala/cro/katrina/katrinadamage.htm
http://www.ala.org/ala/cro/katrina/katrina.htm
http://www.ala.org/ala/alonline/hurricanekatrinanews/katrinanews.htm
http://nutrias.org/
E369