米国プリンストン大学、オープンアクセスポリシーを採択

米国のプリンストン大学が、所属研究者に対して、発表する論文の著作権を学術誌の出版社に譲渡することを原則禁止するオープンアクセスポリシーを採択したと、米国の各紙が伝えています。この採択の背景には学術雑誌の高騰があるようで、ポリシーの採択により、研究者が論文を自身のウェブサイトや大学の機関リポジトリ等で公開することを後押しすることになるようです。

At Universities, A Move Toward ‘Open Access’ (Wall Street Journal 2011/9/28付けのブログ記事 )
http://blogs.wsj.com/ideas-market/2011/09/28/at-universities-a-move-toward-open-access/?mod=google_news_blog

Princeton bans academics from handing all copyright to journal publishers (Physorg.com 2011/9/28付けの記事)
http://www.physorg.com/news/2011-09-princeton-academics-copyright-journalpublishers.html

Open access policy adopted (Daily Princetonian 2011/9/29付けの記事)
http://www.dailyprincetonian.com/2011/09/29/28869/

Princeton goes open access to stop staff handing all copyright to journals -- unless waiver granted (Conversation 2011/9/28付けの記事)
http://theconversation.edu.au/princeton-goes-open-access-to-stop-staff-handing-all-copyright-to-journals-unless-waiver-granted-3596