E2246 - 不確実で複雑な時代の図書館の役割:IFLA Trend Report 2019

カレントアウェアネス-E

No.388 2020.03.26

 

 E2246

不確実で複雑な時代の図書館の役割:IFLA Trend Report 2019

関西館図書館協力課・武田和也(たけだかずや)

 

   不確実で複雑な時代における図書館の役割とは何だろうか。2019年12月,国際図書館連盟(IFLA)が,“Trend Report”の2019年更新版を公開した。同レポートは,図書館内外の様々な分野の専門家からの知見を得て社会の新しいトレンドを調査し,図書館が単に生き残るためでなく,そのようなトレンドに対処し,大きな役割を果たすための議論の叩き台として,2013年にその初版(E1474参照)が作成されたものである。初版では,図書館に影響を与える世界的な情報環境のトレンドとして「情報へのアクセス」「教育」「プライバシー」「市民の関与」「技術革新」の5点を掲げ,その理解の延長線上に方向性や論点を追加する更新版を2016年・2017年・2018年と継続的に作成してきた。2020年には初めての大きな改訂を実施するとしている。

   2019年更新版は,同年に開催された世界図書館情報会議(WLIC):第85回IFLA年次大会アテネ大会(E2205参照)におけるIFLA会長主催のセッションでの図書館関係者からの報告をもとに作成された。同版では,このような時代において図書館が重要な役割を果たすための新たな議論の出発点として次の3点を挙げている。

(1)不確実性への対応
   このような時代の中で政府や個人が適切な判断をするためには,効果的な情報入手が求められるが,図書館は,館種間はもとより情報作成者・発信者とも連携し,その支援に大きな役割を果たすことができる施設である。一方,政府は財政状況の悪化により,長年継続してきた施策を中止し,民間活力を導入するようにもなってきており,図書館もその例外ではない。そのような時代において持続的な財政支援を受け,その役割を果たすためには,コミュニティの将来にとって「あれば良い」ではなく,「必要不可欠」で優先的な未来への投資であることを示す必要がある。そのためには,図書館は,その多様な社会的貢献を理解してもらうための,政策決定者の心に響く積極的で忍耐強いアドヴォカシー活動が必須となってくる。また,このような時代の変化に伴う政府や個人のニーズの変化に対応するためには,図書館人は新しい枠組に適応しなければならない。その際,図書館人同士が経験に基づき友好的に対話することにより,直面する課題や影響を理解し,未来への関心を高めることで,負担感なく自信をもってその適応方法を見出すことができる。

(2)総合的なアプローチの採用
   インターネットの台頭によりサービスの個別化が進展する一方で,物理的な空間での対面サービスの重要性が認識され始めている。また,政府においては,複雑化する社会の中で,様々な問題を総合的に把握し解決する,国際連合による持続可能な開発目標(SDGs;E1763CA1964参照)のような取組が行われており,そのために必要な情報を入手することが重要となってきている。図書館は,誰にでも公開されている物理的な空間として,政府や個人が,問題解決に必要十分な情報を総合的に入手・提供することが可能な施設である。また,このような時代の変化に図書館人が対応するためには,自らが日々学び続ける必要があるものの,これまで図書館界では図書館人が学び続けるための仕組みを開発してきており,また,利用者の生涯学習を支えてきた実績もあることから,図書館人の学びを支援する基盤を提供することは可能である。

(3)規模を拡大しての活動
   政府の政策決定は国際問題と関わるものになってきており,その決定過程に関与するためには,図書館界も国際レベルで行動する必要がある。全世界的に連携したいという図書館界の希望はIFLAの創設にも見られるように古くから存在したが,近年のICT技術の発展は,世界の図書館が直面する共通する課題の明確化とその解決策の検討を速やかに,かつ,容易に実現することを可能とした。しかし,国際的な連携や行動は簡単なことではなく,IFLAの「戦略2019-2024」(E2206参照)策定にあたって大きな役割を果たしたGlobal Vision(E2034E2037参照)のようなイニシアチブによる主導が必要不可欠である。

   同レポートは,不確実性や複雑さを増す時代であるからこそ,図書館や情報専門家たる図書館人が提供する情報が重要になってくると述べる。そして,我々図書館人は,創造的な取組により1990年・2000年代の「図書館の終焉」の予言が間違いであると証明した経験があり,新しい情報環境の中で図書館が大きな役割を果たせるかどうかは,我々図書館人が上記のトレンドにどのように対応するかにかかっていると指摘している。

Ref:
https://www.ifla.org/node/92721
https://trends.ifla.org/files/trends/assets/documents/ifla_trend_report_2019.pdf
https://trends.ifla.org/
E1474
E2205
E1763
E2206
E2034
E2037
CA1964