cOAlition Sによる転換雑誌に関する分析:2021年版(記事紹介)

2022年6月21日、cOAlition Sが、ブログ記事“Transformative Journals: analysis of Year 1 (2021)”を公開しました。転換雑誌(Transformative Journal)を認定・登録するプログラムに参加する16の出版者の2,304誌のデータを基に分析が行われています。

記事の中で、転換雑誌は、絶対値で5%以上、相対値で15%以上のOAコンテンツの年間増加率を満たすことが求められており、基準に達したのは44%タイトルであったことが述べられています。また、同プログラムに参加しているジャーナル間でOAへの転換の進み具合に大きな差があること、OAコンテンツが同じジャーナルの購読型コンテンツの約3倍ダウンロードされること等が指摘されています。

Transformative Journals: analysis of Year 1 (2021) (cOAlition S, 2022/6/21)
https://www.coalition-s.org/blog/transformative-journals-analysis-of-year-1-2021/

参考:
「転換雑誌」についての初期評価:cOAlition Sによる分析(記事紹介)
Posted 2021年8月17日
https://current.ndl.go.jp/node/44611

CA1990 - 動向レビュー:プランS改訂版発表後の展開―転換契約等と出版社との契約への影響 / 船守美穂
カレントアウェアネス No.346 2020年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1990