オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)のデータメンテナンス結果をまとめた報告書を公開

2021年10月22日、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)は、学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)のデータメンテナンス結果をまとめた報告書「SCPJデータメンテナンス結果報告」の公開を発表しました。

SCPJは、日本国内の学協会の機関リポジトリに対する論文掲載許諾状況を提供するデータベースです。2020 年 3 月に、JPCOAR が筑波大学から運用を引き継いでいます。

同報告書では、データメンテナンス作業の実施目的として、長く大規模な更新が行われず実態に即した情報になっていなかったデータを更新し、オープンアクセス(OA) 推進に寄与することを挙げています。作業対象は、SCPJ に登録されている 2,635 か所の学協会のうち、更新日が古いものから 2,034か所(ジャーナル単位では登録されている 3,212 件のうち、2,516 件)です。なお、作業期間は2020年12月から2021年2月となっています。

同報告書では、作業の結果や懸念事項、評価、課題についてまとめています。そのうち評価に関しては、今回の調査に回答があったジャーナルのうち約半数でポリシーの変更があることが判明したことや、新規に追加されたジャーナルがあること等を挙げ、情報を最新化できた点は有意義であったと述べています。

2021年度お知らせ一覧(JPCOAR)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/?page=1&size=20&sort=controlnumber&search_type=0&q=0
※2021年10月22日の欄に「「SCPJデータメンテナンス結果報告」を公開しました」とあります。

「SCPJデータメンテナンス結果報告」を公開しました(JPCOAR)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/news/2021#news20211022

SCPJデータメンテナンス結果報告(JPCOAR)
https://doi.org/10.34477/0002000077

関連:
学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)(JPCOAR)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/page/133

参考:
オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJデータベース)の運用を筑波大学等から引継
Posted 2020年3月26日
https://current.ndl.go.jp/node/40614

E2346 - 著作権とライセンスからみるオープンアクセスの現況
カレントアウェアネス-E No.406 2021.01.14
https://current.ndl.go.jp/e2346