米国デジタル公共図書館(DPLA)、図書館のための電子書籍市場“DPLA Exchange”をリニューアル:オーディオブックの提供も開始

2021年1月26日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、図書館のための電子書籍市場“DPLA Exchange”をリニューアルしたと発表しています。

“DPLA Exchange”は図書館のための安価な電子書籍市場で、3つ(同時接続数10で40回貸出、同時接続数1で無制限、同時接続数5で4分の1の価格)のライセンスの方式が用意されています。

2021年初めからはオーディオブック(2万5,000点)の提供も開始されました。現在、1,000以上の出版社からの50万点以上の電子書籍やオーディオブックが搭載されています。また無料電子書籍コレクション1万点を搭載するDPLAの“Open Bookshelf”ともシームレスな統合を行っていると説明されています。

DPLA ebook marketplace now offers ebooks and audiobooks from over 1,000 publishers(DPLA,2021/1/26)
https://dp.la//news/dpla-ebook-marketplace-now-offers-ebooks-and-audiobooks-from-over-1000-publishers

DPLA Exchange
https://exchange.dp.la/

参考:
米国デジタル公共図書館、図書館のための電子書籍市場のモデル構築を目的としたパイロット事業“DPLA Exchange”を開始
Posted 2017年10月12日
https://current.ndl.go.jp/node/34818

米国デジタル公共図書館(DPLA)、無料電子書籍コレクション“Open Bookshelf”を公開
Posted 2018年6月22日
https://current.ndl.go.jp/node/36208

米国デジタル公共図書館(DPLA)、BiblioLabs社と連携し、1万6,000点以上の電子書籍を提供
Posted 2020年1月15日
https://current.ndl.go.jp/node/39956

E2188 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)戦略計画2019-2022
カレントアウェアネス-E No.378 2019.10.24
https://current.ndl.go.jp/e2188
※「図書館が利用者に電子書籍,電子コンテンツを提供しやすいような基盤を作ること」があげられています。

CA1978 - 動向レビュー:米国での電子書籍貸出をめぐる議論 / 井上靖代
カレントアウェアネス No.344 2020年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1978