欧州研究図書館協会(LIBER)、研究の開放性を測定する手法と責任ある研究評価指標に関するウェビナーの映像・スライドを公開

欧州研究図書館協会(LIBER)は、2019年9月10日付けのブログ記事で、同日に開催されたウェビナー“Innovating The Ways Metrics Are Applied, Responsible Metrics & Measuring Openness”の映像をYouTubeで、発表スライドをZenodoで公開していることを紹介しています。

ウェビナーでは、ドイツ経済学中央図書館(ZBW Leibniz Information Centre for Economics)のIsabella Peters氏による、研究の開放性を定量的・定性的に測定する様々な手法についての発表と、英・ケント大学のSarah Slowe氏による、責任ある研究評価指標の重要性と研究機関の役割に関する発表が行われました。

Webinar Video: Innovating The Ways Metrics Are Applied, Responsible Metrics & Measuring Openness(LIBER, 2019/9/10)
https://libereurope.eu/blog/2019/09/10/webinar-video-innovating-the-ways-metrics-are-applied-responsible-metrics-measuring-openness/

LIBER Webinar - Innovating The Ways Metrics Are Applied, Responsible Metrics & Measuring Openness(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=PaIIvBPYhhE&feature=youtu.be

LIBER Webinar - Innovating The Ways Metrics Are Applied, Responsible Metrics & Measuring Openness(Zenodo)
https://doi.org/10.5281/zenodo.3403714

参考:
E1942 - 学術情報流通の「オープンさ」指標あれこれ<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.330 2017.08.10
http://current.ndl.go.jp/e1942

研究評価指標に関する証拠に基づいた情報を提供する“Metrics Toolkit ”が公開
Posted 2018年2月1日
http://current.ndl.go.jp/node/35410