PeerJが2015年2月12日で2周年 PeerJ Computer Scienceの投稿受付も開始

生涯投稿料モデルを採用しているオープンアクセス誌“PeerJ”が2015年2月12日で最初の論文公開から2周年を迎えました。これに合わせ、PeerJは新たに創刊する雑誌”PeerJ Computer Science”の論文投稿受付を開始しています。

PeerJは主として医学・生命科学分野を対象とする雑誌でしたが、PeerJ Computer Scienceはコンピュータサイエンス領域の論文を対象に、PeerJと同様の生涯投稿料モデルを採用するとのことです。

Celebrating two-years of publishing, and PeerJ Computer Science now open for submissions(PeerJ the blog、2015/2/12付け)
http://blog.peerj.com/post/110809672023/celebrating-two-years-of-publishing-and-peerj

PeerJ Computer Science
https://peerj.com/computer-science/

PeerJ、新OAジャーナル"PeerJ Computer Science"を発行(STI Updates、2015/2/10付け)
http://johokanri.jp/stiupdates/northamerica/2015/02/010742.html

参考:
PeerJの最初のインパクトファクターは1.879~1.984?(記事紹介)
Posted 2015年2月3日
http://current.ndl.go.jp/node/27914

PeerJ、Web of Scienceに採録へ Posted 2014年10月29日
http://current.ndl.go.jp/node/27331

PeerJが創刊1周年 1年間の公開論文数は約500本
Posted 2014年2月13日
http://current.ndl.go.jp/node/25481