カナダ王立協会、カナダの公共の記憶を保存する機関としての図書館、アーカイブズの将来について検討したレポートを公開

2014年11月13日、カナダ王立協会が、カナダの公共の記憶を保存する機関としての図書館、アーカイブズの将来について検討したレポート“The Future Now: Canada's Libraries, Archives, and Public Memory”を公開しました。デジタル技術の発展などの環境の変化を受け、専門家を組織して、図書館とアーカイブズの役割について、以下のような点を検討したものとのことです。

1)アボリジニなども含むカナダ国民が現在図書館とアーカイブズからどんなサービスを受けているのかを調査すること
2)カナダ社会が21世紀の図書館とアーカイブズに何を望むかを検討すること
3)21世紀のカナダ国民に対して図書館とアーカイブズがよいサービスを提供するためにリソースや構造、能力に必要な変化がなにかを明らかにすること
4)コミュニティ構築や記憶の形成に寄与する多くの意見を聞くこと
5)デジタル技術によって、知識世界がどれほど深く変化し、また、今後も変わり続けるのかを示すこと
6)物理的、電子的な図書館とアーカイブズの空間の統合を概念化すること

The Future Now: Canada's Libraries, Archives, and Public Memory(PDF;225ページ)(The Royal Society of Canada)
http://rsc-src.ca/sites/default/files/pdf/L%26A_Report_EN_FINAL_Web.pdf

EXPERT PANEL REPORTS:The Future Now: Canada's Libraries, Archives, and Public Memory(The Royal Society of Canada)
http://rsc-src.ca/en/expert-panels/rsc-reports/future-now-canadas-libraries-archives-and-public-memory

RSC Expert Panel • The Future Now: Canada’s Libraries, Archives, and Public Memory
http://rsc-src.ca/sites/default/files/pdf/L%26A_Press%20Release_EN_FINAL.pdf
※プレスリリース

関連:
LAC welcomes the publication of the Royal Society of Canada report on the state and future of libraries and archives in Canada(LAC, 2014/11/13)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/news/Pages/2014/royal-society-canada-report.aspx