米国デジタル公共図書館(DPLA)、プロトタイプシステム設計・開発のための提案依頼書(RFP)を公表

米国デジタル公共図書館(DPLA)が、そのポータルサイトのプロトタイプシステムの設計・開発のための提案依頼書(RFP)を公表しました。提出締切は2012年8月20日とされています。

Digital Public Library of America (DPLA) Front End Design and Implementation Request For Proposal(PDF:7ページ)
http://blogs.law.harvard.edu/dplaalpha/files/2012/08/DPLA_FrontEndRFP.pdf

DPLA Releases RFP for Front-End Design and Development(Digital Public Library of Americaのブログ 2012/8/6付け記事)
http://dp.la/2012/08/06/dpla-releases-rfp-for-front-end-design-and-development/

参考:
E1105 - ハーバード大学図書館長,「全米デジタル図書館」を語る
http://current.ndl.go.jp/e1105

E1235 - 「米国デジタル公共図書館」(DPLA),初の総会を開催
http://current.ndl.go.jp/e1235

全米人文科学基金、「米国デジタル公共図書館(DPLA)」設立支援に100万ドルの助成を発表
http://current.ndl.go.jp/node/21481

米国公共デジタル図書館の立ち上げに向けて公共図書館が果たす役割は? 2011年11月会議の成果物となる報告書が公開
http://current.ndl.go.jp/node/21414

「米国デジタル公共図書館」(DPLA)、2013年4月までに立ち上げか(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/20550