次世代DAISYのドラフト(オーサリングと交換に関するパート)が公開中

デジタル録音図書の国際標準規格DAISYは、現行のDAISY3を改訂し、次世代の規格としてDAISY4を策定する予定です。このほど、次世代のDAISY XMLを定義する仕様書であるDAISY Authoring and Interchange Framework(略称はZedAI。DAISYのオーサリングと交換のフレームワーク)のドラフトが公開されました。DAISYの改訂はAuthoring and Interchange FrameworkとDistribution Frameworkの2パートから成り、今回全体の半分のドラフトが明らかにされたことになります。ZedAIは2010年の第4四半期に米国情報標準化機構(NISO)に提出される予定で、2011年の春に最終承認を受けることが期待されています。

Revision of the DAISY Standard: ZedAI Public Draft Available for Review
http://www.daisy.org/daisy-news

21 May 2010: public review release of Z39.86-AI
http://www.daisy.org/zw/ZedAI_UserPortal#Recent_Events

ドラフトへのリンク先
http://www.daisy.org/z3986/2011/

参考:
E1029 - 「デイジーの活用による情報アクセスの保障と促進」<報告>
http://current.ndl.go.jp/e1029