E2523 - オーストラリアの公共図書館におけるオンライン読み聞かせ

カレントアウェアネス-E

No.440 2022.08.04

 

 E2523

オーストラリアの公共図書館におけるオンライン読み聞かせ

国際子ども図書館企画協力課・夏目雅之(なつめまさゆき)

 

  オーストラリア図書館協会(ALIA)では,公共図書館が一定の年間使用料を支払うことにより,出版社が事前に登録した作品について,個別に許諾を得たり使用料を支払ったりしなくても,オンラインで読み聞かせを行えるようにするプログラムを試行している。

  このプログラムは,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により,これまで各図書館において対面で行われていた読み聞かせなどの催しを停止せざるを得なくなった状況を受けて2021年1月に始まったものである。試行2年目となる2022年現在では,参加する図書館や出版社,利用できる作品も増加してきている。

  本稿では,このプログラムの概要や現在の状況について紹介する。

●プログラムの概要

  このプログラムは,COVID-19の感染拡大の影響により都市の封鎖や公共図書館の利用制限が続く中で,オンラインコンテンツへのニーズが高まったことを受けたもので,著作権侵害のリスクを軽減するとともに,出版社への利益還元も行えるよう,オーストラリア出版協会(APA)やオーストラリア著作者協会(ASA)などの協力を得て行われている。

  出版社と公共図書館は,それぞれALIAに対してプログラムへの参加登録を行い,出版社は,その後オンライン上で読み聞かせの利用を許諾する作品をALIAの用意したフォームから登録し,登録された作品はブックリストとして“Online Storytime”というウェブサイトに掲載される。公共図書館では,各館あたり年間150オーストラリアドルの使用料をALIAに支払うことにより,掲載されている各作品からオンライン読み聞かせの動画を作成し,6か月間自館のウェブサイトやソーシャルメディアで公開することができる。各図書館はALIAから出版社への分配額の計算のため,四半期ごとに使用状況について報告書を提出し,その結果,各作品の使用回数に応じて分配された使用料が,ALIAから出版社へ毎年1月に支払われるという仕組みになっている。

●政府による援助

  プログラムの広がりを受けて,2021年10月,オーストラリア政府はALIAに対して,アートやエンターテイメントの再活性化を支援するために設立されたRestart Investment to Sustain and Expand (RISE)ファンドによる資金援助を決定した。これにより各図書館は,必要な物品の購入やAuslan(“Australia”と“Sign language”を合わせた言葉で,オーストラリアで使用される手話を指す)通訳者の雇用等のための助成金を最大1万オーストラリアドルまで申請することができるようになり,2022年1月には,その第1期として37の図書館への助成が決定した。

  ALIAは,2022年2月2日に立ち上げた,上述の“Online Storytime”のウェブサイトの中で,プログラムの紹介や参加登録だけでなく,政府による助成金の案内も行っている。

●現在の状況と評価

  2022年6月に公開された2022年1月から3月期のレポートによると,参加登録を行っている公共図書館は国内の総数1,400館のうち573館,出版社は55社である。ブックリストには,450人以上の作家・イラストレーターによる約400タイトルが掲載され,出版社へ分配される金額は7万オーストラリアドルを超える見込みである。また,参加した図書館により,合計279件の動画が主にFacebookやYouTubeに投稿され,それらの視聴回数の合計は少なくとも3万回以上に上っている。最初のレポートである2021年1月から3月期と比較すると,参加している図書館の数は約1.3倍,出版社,作家・イラストレーターの数は1.6倍以上,利用できるタイトル数は約2倍となっており,成果が出ていることが分かる。

  また,“Online Storytime”のウェブサイトには,試行開始6か月後の2021年7月に出版社に対して行ったアンケート調査の結果も掲載されている。それによると,このプログラムの成果によるものと断定はできないとしながらも,参加した出版社の3分の1以上が予想よりも売り上げが伸びていると回答し,さらに90%以上が,プログラムが継続される場合引き続き参加したいと回答しているなど,出版社からも非常に好意的に受け止められていることがうかがえる。出版社にとっては,ブックリストの登録により,使用された回数に応じた使用料が収入となるほか,子どもを持つ家庭や,未所蔵の作品を求める図書館に対し販売拡大の機会も得た点が大きなメリットであると言える。

  このような取組は日本ではまだ実施されておらず,図書館と出版社,著作者による協力事例として非常に参考になるだろう。この試行は2022年12月まで実施される予定で,今後の動向に注目したい。

Ref:
Online Storytime.
https://onlinestorytime.org.au/
“ALIA Online Storytime grants for public libraries – apply now”. ALIA. 2021-10-11.
https://www.alia.org.au/Web/News/Articles/2021/10-October-2021/ALIA%20Online%20Storytime%20grants%20for%20public%20libraries%20%E2%80%93%20apply%20now.aspx
“Australia Council funding for ALIA Online Storytime pilot”. ALIA.
https://www.alia.org.au/Web/News/Articles/2021/06-June/Australia%20Council%20funding%20for%20ALIA%20Online%20Storytime%20pilot.aspx
“Round 1 Online Storytime grants announced”. ALIA.
https://www.alia.org.au/Web/News/Articles/2022/1-January-2022/Round_1_Online_Storytime_grants_announced.aspx
“Launching our new Online Storytime website”. ALIA.
https://www.alia.org.au/Web/News/Articles/2022/1-January-2022/Launching_our_new_Online_Storytime_website.aspx
ALIA. First Quarterly Report: January, February, March 2022.
https://onlinestorytime.org.au/wp-content/uploads/2022/06/ALIA_Online-_Storytime_First_Quarterly_Report_2022-.pdf
ALIA. Online Storytime - Report for January-March 2021. 9p.
https://www.alia.org.au/common/Uploaded%20files/ALIA-Docs/Online-Storytime-Agreement/2021-First-Quarterly-Report-Online-Storytime.pdf
ALIA. ALIA Online Storytime Publisher Survey – September 2021.
https://onlinestorytime.org.au/wp-content/uploads/2021/11/ALIA_Online_Storytime_Publisher_Survey_Report_2021.pdf
“APA welcome ALIA's paid pilot scheme for 'Online Storytime 2021'”. APA. 2020-12-08.
https://publishers.asn.au/Web/Web/Latest/IndustryNews/APA-welcome-ALIA-s-paid-pilot-scheme-for--Online-Storytime-2021-.aspx