E194 - 図書館におけるブログ活用のススメ <文献紹介>

カレントアウェアネス-E

No.35 2004.04.21

 

 E194

図書館におけるブログ活用のススメ <文献紹介> 

 

Fichter, Darlene. Why and How to Use Blogs to Promote Your Library's Services. Marketing Library Services. 17(6), 2003. (online), available from < http://www.infotoday.com/mls/nov03/fichter.shtml >, (accessed 2004.03.22).

 現在国内外で急速に広まっている「ブログ(blog,注)」という種類のウェブサイトをご存知だろうか?図書館員のためのブログ入門ともいえる記事がMarketing Library Services誌に掲載されている。

 筆者のフィヒター(Darlene Fichter)氏は,図書館や図書館員にとってブログは有益なインターネットツールであり,特にブログの特徴である開設や維持の容易さから,図書館のマーケティングに効果的だとしている。米国では実際に公共図書館でブログを利用するところも現れており,その例として,ベストセラー情報等を提供するブログを立ち上げたインディアナ州のセントジョセフ・カウンティ公共図書館や,ブログを活用して児童用のオンライン読書会を設置しているイリノイ州ローゼル公共図書館などが紹介されている。最後には図書館におけるブログ活用のアイデアも示され,面白い記事となっている。

(注)Web logが語源。厳密な定義はないが,一般にタイムスタンプを自動付与された記事を時系列で管理するウェブサイトを指す。様々なブログ用ツールがあり自由に簡単に使えるものが多数存在するため,ウェブ日記のような個人的な情報発信に多く使われている。読者からのコメントを受け付ける機能があるため,コミュニケーションツールとしても優れているとされる。