CA1102 - Gabriel:欧州国立図書館の共通の窓口 / 友光健二

カレントアウェアネス
No.209 1997.01.20


CA1102

Gabriel:欧州国立図書館の共通の窓口

Gabrielは,欧州国立図書館長会議会(CENL)(用語解説T20参照)に参加している国立図書館の共同WWWサーバである。各図書館のサービス,コレクションについてインターネット上で情報を提供し,また各図書館のオンラインサービスを利用するための共通のゲートウェイとなっている。

1994年のCENLの会議で設置が提唱され,1995年10月からサービスが開始された。サーバはロンドン(http://portico.bl.uk/gabriel/en/welcome.html)にあるが,ハーグ,ヘルシンキ,フランクフルトにもミラーサーバ(用語解説T21参照)が置かれており,利用者は都合の良いサーバを選んで使うことができるようになっている。

Gabrielで提供される情報はつぎの4つのレベルに分かれている。(1)ホームページ(ウェルカムページ),(2)欧州レベルでの情報,(3)個々の国立図書館の情報,(4)各国立図書館の個々のサービス。

(1)ホームページでは,まず使用言語(英語,フランス語,ドイツ語)が選べる。次に欧州レベルの情報の一覧メニューが示され,WWWサーバの検索サービスや他のミラーサーバへのリンクが表示されている。

(2)欧州レベルの情報としては,CENL加盟国立図書館一覧,各図書館で提供しているオンラインサービス一覧,各図書館間での共同プロジェクト一覧,欧州国立図書館のニュースなどが表示される。国立図書館一覧には1996年11月現在,34の図書館が国名順にリストされており,国名をクリックするとその図書館の情報(第3レベル)が表示される。オンラインサービス一覧では,種類別(OPAC,全国書誌,全国総合目録,雑誌記事索引,WWWサーバ,Gopherサーバ)に各図書館のサービス一覧が出来ており,そこに表示されている情報(ID,パスワード等)をもとに各オンラインサービスに接続することが出来る。共同プロジェクト一覧では,欧州レベルで現在進行中の10のプロジェクト(BIBLINK,CD-BIB,CoBRA,ONE等)についての最新の情報を得ることが出来る。

(3)個々の国立図書館についての情報は共通のフォーマットで表示される。まず国旗と国名と国立図書館名が表示され,それに続いて各国共通に,名称及び連絡先,図書館の設立及び機能,蔵書(Collection),利用方法(Access),オンライン情報サービスといった項目が表示されている。これらの内容は各図書館が提出したデータをそのまま表示しているが,まだデータを提出していない図書館も全体の3分の1ほどあり,それらの図書館には連絡先やオンラインサービスといった最小限の情報のみが表示されている。

(4)各国立図書館の個々のサービスとしては,コレクションの紹介やオンラインサービスがある。オンラインサービスには,OPAC,全国書誌,全国総合目録,雑誌記事索引,WWWサーバ,Gopherサーバなどがある。オンラインサービスに関する情報を全く出していない図書館が約3割ある一方,情報を出している館のほとんどがWWWサーバを提供している。

Gabrielは英国,オランダ,フィンランド,ドイツの国立図書館の国際的プロジェクトとして開発された。情報サーバの開発経験を積んでいる英国図書館(BL)がプロジェクトの中心となった。BLのオンライン情報サーバのPortico(http://portico.bl.uk)は1994年6月に運用を開始したが,Porticoプロジェクトの経験はGabrielの開発に活かされた。

Gabrielプロジェクトの成果としては,共同サーバを開発し運用するためのノウハウも挙げることが出来る。開発の段階ではGabrielにおける情報の表示方法について合意が形成され,成文化された。表示の一般的原則,メニュー及び各表示の様式(フォーム)と構造,ページレイアウト,許容されるスタイル,イメージデータの大きさ等についてのガイドラインが作成された。

また運用の段階では,そのサービス内容の維持のために,(1)内容の編集と品質維持,(2)システムの運用と更新,(3)プロジェクトの管理と調整というような活動が必要になってくる。それを,社会的,文化的な伝統が異なる複数の国の複数の組織で行っていく必要があり,ともすれば誤解が生じる危険性があった。それを,好意を背景にしたサービス面での協力という基盤の上に,処理の手続きを慎重に検討し,取り決めによって実現していった。これらの取り決めは,将来的には図書館間でのサービスレベルでの協定の形で公式化されていくことになる。

Gabrielは,広範な地域と多様な機関を結んだネットワーク分野での協力のモデルとなる可能性を持っており,このプロジェクトについてのより詳細なレポートの公表が望まれる。

友光 健二(ともみつけんじ)

Ref: Jefcoate, Graham. Gabriel: Gateway to Europe's National Libraries. Program 30(93) 229-238, 1996
About Gabriel. http://portico.bl.uk/gabriel/en/about-gabriel.html
About portico. http://www.bl.uk/about-portico.html