Ex Libris

これからの学術情報システム構築検討委員会、「電子リソース管理システムの利用可能性の検証について(2017年度最終報告)」を公表

2018年3月29日、これからの学術情報システム構築検討委員会の電子リソースデータ共有作業部会が、「電子リソース管理システムの利用可能性の検証について(2017年度最終報告)」(2018年3月28日付)を公表しました。

同部会で実施している、電子リソース業務のワークフロー改善に関する検討結果で、2017年度に実施した、Ex LibrisのAlmaを利用した電子リソース業務のワークフロー検証報告です。

2018年度は、検証結果をもとに実運用時におけるさらなる課題の洗い出しを進めるとし、実際の業務で発生するものと同一の情報を図書館サービスプラットフォーム(LSP)に登録し、試行的な業務運用を行なうとしています。

電子リソース管理システムの利用可能性の検証について(2017年度最終報告)の公開について(これからの学術情報システム構築検討委員会,2018/3/29)
https://www.nii.ac.jp/content/korekara/2018/03/2017.html

Ex Libris、サービスのオープン化を推進するための“Developer Network”を公開

2014年4月28日、Ex Libris社が、開発者やITの専門家がEx Libris社と協力し、同社のサービスの適用や拡張を体験するためのオープンな環境である“Ex Libris Developer Network”を公開したと発表しました。

APIについてのドキュメント、技術ガイド等を提供する“Docs”、Ex Libris社の開発メンバーによるアドバイスや技術的なガイド、ベストプラクティスなどを提供する“Tech Blog”、コードやアプリケーション、またGitHub上で公開されるコードへのリンクを提供する“Codes & Apps”、意見交換を行うオンラインフォーラムである“Forum”、開発者がインタフェースの実装の管理や利用統計の確認に使用するツールを提供する“Dashboard”から構成されるとのことです。

Primo、Alma、Alephなどのサービス・製品からも情報を探すことができます。

同ネットワークへの参加者はEx Libris社のサービス・製品のユーザであるか否かは問われないとのことです。

Ex Libris Accelerates Openness with the New Developer Network(Ex Libris, 2014/4/29付)

E1489 - 図書館システムベンダとユーザ会の共存―IGeLU大会<報告>

 IGeLU(International Group of Ex Libris Users/イグルー)はイスラエルの図書館システムベンダEx Libris社の製品を導入しているユーザのユーザ会である。欧州・北米の機関,特に大学図書館を中心として,42か国,345機関が参加している国際的な組織であり,Ex Libris社が主導している組織ではない。IGeLUの主な活動は,ユーザ会としてEx Libris社と交渉することであり,メンバーから選出された運営委員会を中心としてEx Libris社のマネージャー達と定期的な打合せを開いている。Ex Libris社の方針などに関する全体的な要望以外に,個別製品の機能強化のリクエストなどもメンバー内で意見を集約して伝えている。また,製品や,Linked Open Data(CA1746参照)などの特定のテーマごとにワーキンググループがあり,メーリングリストでの情報交換や,システムの機能や仕様の策定に協力している。IGeLUでは2006年から年次大会が開かれており,8回目の今年はドイツのベルリン自由大学を会場として開かれた。会議では基調講演,ユーザ会活動報告,Ex Libris社による製品戦略の説明・デモ,ユーザ会のメンバーによる実践例の紹介等があった。...

E1307 - 次世代型図書館業務システム主要5製品の特徴とその現状

E1307 - 次世代型図書館業務システム主要5製品の特徴とその現状

この2012年は北米の図書館システム市場が激しく変化する一年になると言われている(E1282参照)。その理由は従来型の統合図書館システム(ILS)とは異なる性質を持った次世代型の図書館業務システムの登場である。既に正式運用が始まっているOCLCの“OCLC WorldShare Management Services”(以下WMS)を含めて,Ex Libris社の“Alma”,Innovative Interfaces社の“Sierra Services Platform”,Serials Solutions社の“Intota”,オープンソースの“Kuali OLE”(E1003参照)という5製品が年内に出揃うことになっている。...

OCLCのWorldCatが、Ex Libris社のPrimoとMetaLibから検索可能に

2011年9月12日、米国のOCLCとEx Libris社が提携し、同社のディスカバリインタフェースPrimoと横断検索システムMetaLibから、OCLCのWorldCatのコンテンツが検索できるようになると発表されました。この機能は、OCLCが参加館限定で提供しているWorldCat Search APIを使用しており、各館が取得したAPIキーをPrimoやMetaLibに設定することで利用可能になるようです。

OCLC, Ex Libris announce new partnership to expose WorldCat content via Ex Libris discovery and delivery solutions (OCLC 2011/9/12付けプレスリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2011/201151.htm

WorldCat Search API (OCLC)
http://www.oclc.org/worldcatapi/default.htm

参考:
OCLC、WorldCat検索APIを限定提供開始
http://current.ndl.go.jp/node/8531

OCLC、誰でも利用できるAPI“WorldCat Basic API”を公開

E1169 - 2010~2011年の図書館システムの市場動向は?(米国)

米国のLibrary Journal誌が2011年4月1日号でヴァンダービルト大学のブリーディング(Marshall Breeding)氏による米国内の図書館システム市場調査レポート“Automation Marketplace”の2010-2011年版を発表した。これは図書館における主要ツールの新たな展開について紹介したシリーズ“LJ Explores the Big Tools”の一編で,他に5編の記事がある。...

Ex Libris社、図書館向けパッケージにGoogle Book Searchへのリンクを組み込んだと発表

Ex Libris社が、自社の図書館向けパッケージ製品(Primo、SFX、Aleph、Voyager)に、Google Book Searchの“Book Viewability API”を組み込んだことを発表しました。

Ex Libris Integrates Direct Links to Google "About this book" Pages in its Products
http://www.exlibrisgroup.com/?catid=%7B916AFF5B-CA4A-48FD-AD54-9AD2ADADEB88%7D&itemid=%7B353D13D7-1CB5-4D7A-BEED-0501FF92763C%7D

March 18, 2008付けPeter Scott's Library Blogの記事