カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

検索の方法

当サイトの検索方法について説明いたします。(2009-04-03)

1.通常の検索

当サイトの画面右上にある入力欄に調べたい単語を入力して「検索」ボタンをクリックしてください。

複数の単語をスペース(全角・半角いずれでも可)で区切って入力すると、いずれかの単語が任意の場所に含まれているコンテンツを検索します。(OR検索となります。一般的な検索エンジンとは異なりますので、ご注意ください。)

例:academic libraryで検索 → academic または libraryのいずれかを含んでいる記事がヒットします。

半角大文字の「AND」で語をつなぐと、すべての単語が任意の場所に含まれているコンテンツを検索します。(AND検索となります。)

例:academic AND libraryで検索 → academic および libraryをともに含んでいる記事がヒットします。

スペースも含めて、そのフレーズで検索したい場合(上の例で言えば、academic library という連語で検索したい場合)は、全体を半角ダブルクォーテーション(")でくくってください。

例:"academic library"で検索 → academic library という連語を含んでいる記事がヒットします。

検索結果は、標準では関連性(レレバンス)の高い順に表示されます。関連性(レレバンス)はシステム的に評価され、最近作成された記事、付与されているキーワード(タグ)に入力された語を含んでいる記事、複数の語が入力された場合は多くの語を含む記事に、高い点数が与えられるようになっています。

検索結果は、日付の昇順、降順、タイトルの昇順、降順で並べ替えることができます。画面右側のサイドバーの「並べ替える」で該当の箇所をクリックしてください。

また、検索結果は、記事に付与されている各種のキーワードで絞り込んで表示することができます。画面右側のサイドバーの「○○で絞り込む」で、加えたいキーワードをクリックしてください。絞り込みの解除は、画面右側のサイドバーの「現在の検索式」の「(-) ○○」の箇所をクリックしてください。

2.OpenSearch

Internet Explorer 7やFirefox 3といったブラウザの検索ボックスから、当サイト内のコンテンツを検索することができます。一度、当サイトを開いた状態で、検索バー(検索ボックスの隣にある、検索対象サイトを選択する部分)をクリックし、「Current Awareness Portal」を追加してください。

また、ブラウザのアドレスバーに直接、「http://current.ndl.go.jp/search/apachesolr_search/○○」のように入力することでも検索が可能です。

例:http://current.ndl.go.jp/search/apachesolr_search/"academic library" と入力 → academic library という連語を含んでいる記事の検索結果画面が表示されます。

検索結果表示画面の「XML」アイコンをクリックすると、検索語を含んでいる記事をRSSで取得できます。「http://current.ndl.go.jp/opensearch/apachesolr_search/○○」のように入力しても、同様に取得できます。

例:http://current.ndl.go.jp/opensearch/apachesolr_search/"academic library" と入力 → academic library という連語を含んでいる記事のRSSが表示されます。

3.コンテンツに付与されているテーマ、国・地域などのキーワードによる一覧表示

コンテンツに付与されているテーマ、国・地域などのキーワードを用いて、そのキーワードが付与されているコンテンツを一覧で表示することができます。

表示されている記事の下のところに表示されているキーワードや、画面右側のサイドバーにある「キーワードから検索」のところに表示されているキーワードをクリックすると、一覧で表示することができます。

なお、テーマ、国・地域などのカテゴリー分けに関わらず、最大5つまでのキーワードを「すべて含むコンテンツ」又は「いずれかを含むコンテンツ」を一覧で表示することもできます。キーワードでの一覧表示の際のURL「http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/●●●」の●●●の数字をメモしておき、組み合わせたいキーワードのものを▲▲▲としますと、

http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/●●●,▲▲▲

と半角カンマで区切ると、●●●、▲▲▲のいずれをも含むコンテンツを検索できます。
例:大学図書館(http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/37)と機関リポジトリ(http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/160)をともに含む記事は「http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/37,160」となります。

http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/●●●+▲▲▲

と半角プラスで区切ると、●●●、▲▲▲のいずれかを含むコンテンツを検索できます。
例:大学図書館(http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/37)または研究図書館(http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/40)のいずれかを含む記事は「http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/37+40」となります。

なお、この「3.コンテンツに付与されているテーマ、国・地域などのキーワードによる一覧表示」の結果は、RSSでも表示されます。ぜひご活用ください。

検索機能の詳しい説明

当サイトでは、オープンソースの全文検索エンジン「Apache Solr」を利用して、検索機能を実現しています。

(1)ファセットによる検索結果の絞り込み、(2)関連性(レレバンス)による検索結果表示が特徴です。なお、2009年4月時点では、全文検索エンジン「Apache Solr」の機能の制約により、複数の検索語を入力した場合、OR検索とする設定になっています。(今後、見直しの可能性がございます。)