T7 - 基本的サービス

カレントアウェアネス
No.198 1996.02.20


用語解説[T7]
基本的サービス

図書館の有料・無料論に関連して,図書館サービスを「基本的サービス」と「特別な(又は付加的な)サービス」に分けることがある。

「基本的サービス」は無料で提供され,図書館の本来の設置趣旨を実現するためのもので,一方「特別なサービス」はそこから派生し,有料で提供しても良いサービスとされる。

1988年2月に出された英国の政府緑書では,「基本的サービス」を活字資料の貸出し,および一般的な参考業務と規定し,料金徴収を許したものとして,行政区域外の利用者への貸出し,予約の通知,利用者の財産になる資料(複写等)などを挙げている。

ただし,何をもって「基本的サービス」と考えるかは,新しいサービス(オンライン・サービス等)の登場によって変わってくる。

Ref:川崎良孝 図書館サービスと有料制(4) 図書館界 36(4) 184,1984
川崎良孝 公立図書館の無料制(下) 図書館雑誌 84(5) 265-269,1990