RDAの構成が変更:10月に開催されたRDAの会議報告公表

「資料の記述とアクセス(RDA: Resource Description and Access)」のJoint Steering Committeeから、10月15日〜20日に開催された会議の報告が公開されています。
今回の会議で、RDAのデータ要素(data elements)をFRBRの実体(FRBR entities)と利用者タスク(user tasks)の両方に、より密接に関連付けるため、RDAをこれまでの“Part A”“Part B”の構成から、10セクション構成とし、各セクションにFRBRの実体ごとの属性を記録するグループと、これらの実体間の関係(relationships)を記録するグループの、2つのグループを作成することになったそうです。

Outcomes of the Meeting of the Joint Steering Committee Held in Chicago, USA, 15-20 October 2007

http://www.collectionscanada.ca/jsc/0710out.html

JSC October meeting outcomes
(Cataloging Futures 11月13日記事)
http://www.catalogingfutures.com/catalogingfutures/2007/11/rda-news-jsc-oc.html

参考:
E372 (No.65) - AACR3からRDAへ
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=378

RDA策定に向けた4月の会議の報告
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=3527

「RDAのスコープと構造」改訂版
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=3729