NIHにおける公的助成研究のパブリックアクセス方針に関する法案、上院で無事承認される

米国連邦上院議会で審議されていた、米国衛生研究所(NIH)のパブリックアクセス方針を変更させる内容を含む法案“FY 2008 Labor, Health and Human Services and Education Appropriations bill(略称:FY08 Labor-HHS Bill)”(S.1710)は、10月24日に全会一致で承認されました。骨抜きにする修正案2本が出ていましたが、これらは提出した議員により撤回されました。今後、下院で承認された法案とすり合わせた後、大統領による署名のプロセスに入ることになります。

Mandate for Public Access to NIH-Funded Research Poised to Become Law - Alliance for Taxpayer Access
http://www.taxpayeraccess.org/media/release07-1024.html

Inhofe Withdraws Amendments, NIH Open Access Mandate Passes Senate - DigitalKoans
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2007/10/24/
inhofe-withdraws-amendments-nih-open-access-mandate-passes-senate/

参考:
NIHにおける公的助成研究のパブリックアクセス方針に関する法案、骨抜きにされる危険性
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=4382