国際図書館連盟(IFLA)書誌分科会、全国書誌のコモンプラクティスを公開

2021年2月26日、国際図書館連盟(IFLA)の書誌分科会が「電子時代における全国書誌のコモンプラクティス」(Common Practices for National Bibliographies in the Electronic Age)を公開しました。

同文書は、「デジタル時代の全国書誌作成機関のためのベストプラクティス」( Best Practice for National Bibliographic Agencies in a Digital Age)を基にしており、書誌は利用者のニーズに応えるもので、柔軟であるべきということを踏まえ、「コモンプラクティス」というタイトルで公開されています。

Common Practices for National Bibliographies(IFLA, 2021/2/26)
https://www.ifla.org/bibliography/projects

Common Practices for National Bibliographies in the Electronic Age [PDF:131ページ]
https://www.ifla.org/files/assets/bibliography/common_practices_for_national_bibliographies_2021-01.pdf

関連:
National Bibliographies in the Digital Age (2009) Summary(IFLA)
https://www.ifla.org/node/5226

Best Practice for National Bibliographic Agencies in a Digital Age(IFLA)
https://www.ifla.org/node/7858

世界図書館・情報会議(第85回IFLA大会)・VIAF評議会会議報告(国立国会図書館)
https://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2020_1/article_01.html

参考:
デジタル時代の全国書誌ガイドライン草案、IFLAが公表
Posted 2008年6月13日
https://current.ndl.go.jp/node/8041

E2205 - 世界図書館情報会議(WLIC):第85回IFLA年次大会<報告>
カレントアウェアネス-E No.381 2019.12.05
https://current.ndl.go.jp/e2205

※本文の一部を修正しました。(2021/3/4)