英国国立公文書館(TNA)、オンライン展示“With Love”を公開:同館所蔵の「ラブレター」を8つのテーマに分類して紹介

英国国立公文書館(TNA)が、2021年1月11日に、オンライン展示“With Love Letters of love, loss & longing”を公開していました。

同展は、TNAの展示室Keeper's Galleryにおいて、2020年2月14日に開始し、同年7月5日までの開催予定であったものの、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のためのロックダウンにより終了した展示です。

いわゆるラブレターだけでなく、遺言、記録、官僚にあてた手紙など、様々な種類の愛情表現を読み取れるものも「ラブレター」とし、同館が所蔵する過去500年の間のこのような「ラブレター」を、「名声(reputation)」「犠牲(Sacrifice)」「裏切り(Betrayal)」「助言(Advice)」「悲嘆(Heartache)」「別離(Separation)」「家族(Family)」「遺産(Legacy)」の8つのテーマに分けて紹介しています。

@UkNatArchives(Twitter,2021/1/11)
https://twitter.com/UkNatArchives/status/1348606982647910400

With Love(TNA)
https://www.nationalarchives.gov.uk/with-love/

With Love Letters of love, loss & longing(TNA)
https://nationalarchives.gov.uk/with-love/exhibition/index.php

関連:
With Love Letters of love, loss and longing
https://web.archive.org/web/20200419213351/https://www.nationalarchives.gov.uk/about/visit-us/whats-on/with-love/
※“officially open Friday 14 February until Sunday 5 July 2020”とあります。

Dancing With Love: A dance project inspired by letters of love, loss and longing(TNA,2020/7/27)
https://blog.nationalarchives.gov.uk/dancing-with-love-a-dance-project-inspired-by-letters-of-love-loss-and-longing/
※“With Love: Letters of love, loss and longing, which closed just before lockdown”とあります。

参考:
国立国会図書館、電子展示「本の万華鏡」の第26回「恋の技法-恋文の世界-」を公開
Posted 2019年5月17日
https://current.ndl.go.jp/node/38184

5世紀に渡り秘密にされていたヘンリー8世のラブレターが公開(BL)
Posted 2009年2月16日
https://current.ndl.go.jp/node/11876

英国図書館(BL)、同館所蔵の恋文25本を編纂した書籍“Love Letters: 2000 Years of Romance”を刊行
Posted 2012年1月31日
https://current.ndl.go.jp/node/20051

英国ヴィクトリア朝の詩人カップル、ロバート・ブラウニングとエリザベス・バレットが交わした573通の恋文がデジタル化される
Posted 2012年2月15日
https://current.ndl.go.jp/node/20170

大阪市立中央図書館、バレンタインデー企画「告博 EXPO2020」展を開催中:告白の名セリフが印象的な漫画や歴史人物の愛の言葉を紹介する本を集めた展示
Posted 2020年1月28日
https://current.ndl.go.jp/node/40068