神戸市、「須磨海浜水族園デジタルアーカイブ」を公開:2023年に閉園する同園の記録や記憶を残していくための意見やアイデアを募集中

2020年7月1日、神戸市が、「須磨海浜水族園デジタルアーカイブ」を公開しました。

須磨海浜水族園は、設備等の老朽化により、2021年から一部解体に着手し、2023年に閉園することから(2024年に民間事業者が整備する新たな水族館が開館)、同園の記録や記憶のアーカイブを目的に開設されたものです。現在、同園の生きものや園内施設の写真のほか、園内の360度映像や季刊誌『うみと水ぞく』のバックナンバー等が掲載されています。

掲載されている写真は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示4.0国際(CC-BY)もしくは表示-非営利4.0国際(CC-BY-NC)のもとで公開されています。一部の写真は非営利目的での利用に限られています。

同アーカイブの公開に合わせ、7月31日まで、同園の記録や記憶を残していくための意見やアイデアが募集されています。

須磨海浜水族園アーカイブ事業 スマスイの記録や記憶を残すためのアイデア募集と特設ホームページの開設(神戸市,2020/6/30)
https://www.city.kobe.lg.jp/a64051/kanko/kisyasiryo/202006/20200630142001.html

須磨海浜水族園アーカイブ事業 アイデア募集(須磨海浜水族園デジタルアーカイブ)
https://www.city.kobe.lg.jp/kanko/sumasui/sumasui_archive.html#%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86

須磨海浜水族園デジタルアーカイブ
https://www.city.kobe.lg.jp/kanko/sumasui/sumasui_archive.html
※お知らせ欄に「2020年7月1日:「須磨海浜水族園デジタルアーカイブ」を公開しました」とあります。

参考:
名古屋市図書館デジタルアーカイブ「なごやコレクション」に「鶴舞公園にあった動物園」が追加
Posted 2018年11月12日
https://current.ndl.go.jp/node/37014

E1064 - スミソニアン協会,資料デジタル化についての戦略文書を公表
カレントアウェアネス-E No.173 2010.06.24
https://current.ndl.go.jp/e1064
※スミソニアンには,19の博物館・美術館,9つの研究施設,20の図書館,1つの動物園等があり,あわせて1億3千万点以上の資料を所蔵