アーバンデータチャレンジ(UDC)2019及び土木学会インフラデータチャレンジ2019、オープンデータを活用したアプリケーション等の作品を募集

地方公共団体をはじめとする各機関が保有するオープンデータ等を活用し、地域課題の解決に効果的なアプリケーションや活動等をコンテスト形式で募集する「アーバンデータチャレンジ(UDC)2019」及び、インフラ分野に特化したデータ利活用について募集する「土木学会インフラデータチャレンジ2019」の作品募集要領が、2019年12月11日付けで公開されています。

作品概要の締切は2019年12月28日、作品の締切は2020年1月31日となっています。一次審査を経て、2020年3月14日に予定されている最終審査会での応募者によるプレゼンテーションの後、来場者投票により受賞作品が決定されます。

news(UDC)
https://urbandata-challenge.jp/category/news
※2019/12/11付けで「アーバンデータチャレンジ2019 with インフラデータチャレンジ2019 作品募集要領」とあります。

アーバンデータチャレンジ2019 with インフラデータチャレンジ2019 作品募集要領(UDC)
https://urbandata-challenge.jp/2019submitstart

参考:
【イベント】「UDC2017ファイナル!地域の課題解決に貢献する作品を一挙大公開 〜最終審査会&全40拠点の年間活動報告!〜」(2/23-24・東京)
Posted 2018年2月8日
https://current.ndl.go.jp/node/35465

E1709 - 地域課題解決に向けた空間情報の活用‐UDC2015本格始動!
カレントアウェアネス-E No.288 2015.09.10
https://current.ndl.go.jp/e1709