米国デジタル公共図書館(DPLA)、GLAMの文化遺産のデータを活用したハッカソンを企画するためのガイドを公開

2014年10月7日、米国デジタル公共図書館(DPLA)のアウトリーチ活動を行うボランティア“Community Reps”が、GLAM(美術館、図書館、公文書館、博物館)の文化遺産のデータを活用したハッカソンを企画するためのガイドを作成し、公開しました。

ハッカソンの定義から始まり、プログラムの検討、ロジスティクス、ハッカソンの終了後等のトピックを取り扱っており、情報源も示しているようです。

DPLA Community Reps Produce Hackathon Planning Guide, Now Available(DPLA, 2014/10/7)
http://dp.la/info/2014/10/07/dpla-community-reps-produce-hackathon-planning-guide-now-available/

GLAM Hack-in-a-box: A short guide for helping you organize a GLAM hackathon(PDF;18ページ)(DPLA)
http://dp.la/info/wp-content/uploads/2014/10/DPLA_HackathonGuide_ForCommunityReps_9-4-14-1.pdf

参考:
E1429 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)が公開される
カレントアウェアネス-E No.237 2013.05.23
http://current.ndl.go.jp/e1429

E1570 - RLUK Hack Day:図書館資源のLOD化がもたらすものは?
カレントアウェアネス-E No.260 2014.06.05
http://current.ndl.go.jp/e1570