EU、すべてのものがインターネットでつながり得る時代になすべきアクション・プランを発表

インターネットはすでに世界中の15億人を相互に結びつけていますが、同時に、書籍、車、食品といった「モノ」も、インターネットに結びつくようになってきています。このような、すべてのものがインターネットでつながり得る時代において、EUが先導的役割を果たし、その進歩を活用していくと同時に、プライバシー、セキュリティ、個人情報保護といった、問題になるおそれのある事項に適切に対応していくべく、EUが2009年6月18日、なすべき14の事項を定めたアクション・プラン“Internet of Things”を発表しました。この中では、標準化、RFIDについても述べられています。

Internet of Things — An action plan for Europe
http://ec.europa.eu/information_society/policy/rfid/documents/commiot2009.pdf

IP/09/952 When your yogurt pots start talking to you: Europe prepares for the internet revolution
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/09/952
(プレスリリース)

RFID and the Right to Silence - JISC Notes from the Future
http://notesfromthefuture.jiscinvolve.org/2009/07/08/rfid-and-the-right-to-silence/