E265 - 青少年への公共図書館サービスのビジョン(英国)

カレントアウェアネス-E

No.48 2004.11.17

 

 E265

青少年への公共図書館サービスのビジョン(英国)

 

 英国読書協会は,10月19日,10代の利用者への公共図書館サービスの新たな方向性を示し,全国のあらゆる図書館が満たすべきサービスレベルの提示を試みた報告書『潜在能力の発揮:青少年に対する図書館サービスの全国開発プログラム(Fulfilling Their Potential: A National Development Programme for Young People's Library Services)』を公式に発表した。文化・メディア・スポーツ省による公共図書館サービスの戦略ビジョン『将来への枠組み』(E056参照)の実行計画において,青少年は,公共図書館サービスがターゲットとすべき重要な利用者層のひとつとして位置づけられている。この計画に基づき,青少年サービスの今後10年間のビジョンと戦略を立案するための基礎資料として作成されたのが本報告書である。

 報告書では,青少年のための空間としての図書館づくり,読書活動の促進,図書館のサービス計画立案への青少年の参画,青少年の社会参加の場としての図書館,学習支援の場としての図書館,という5つを柱に,全国レベルでサービスの品質を保証するために,全国開発計画を策定することなどが提言されている。

Ref:
http://www.mla.gov.uk/news/press_article.asp?articleid=739
http://www.mla.gov.uk/action/framework/framework_05.asp
E056