ALA、第2回ゲーム・学習・図書館シンポジウムを開催

米国図書館協会(ALA)の出版部門の1つALA TechSourceが、大学・研究図書館協会(ACRL)などALA傘下の4つの協会と協同で、2008年11月2~4日に、第2回ゲーム・学習・図書館シンポジウムを開催しています。

このシンポジウムでは、ポケモン、戦略シミュレーションゲーム、ゲームと学習効果、ゲームと情報リテラシー、世代(年齢階層)とゲーム、テレビゲームの暴力と実際の暴力の無関係性、高齢者向けサービスの1つとしての図書館内でのNintendo Wiiの提供、市民参加とゲームなど、幅広いトピックの発表があったとのことです。この会議の全体の様子がAmerican Libraries誌で、各日の概要が、American Libraries誌のブログで、それぞれ紹介されています。

ALA TechSource Gaming, Learning, and Libraries Symposium
http://gaming.techsource.ala.org/

More Than Just a Game... | ALA TechSource
http://www.alatechsource.org/blog/2008/11/more-than-just-a-game.html

AL Inside Scoop - ALA TechSource Gaming, Libraries, and Learning Symposium, Day 1
http://www.al.ala.org/insidescoop/?p=159
AL Inside Scoop - TechSource Gaming, Libraries, and Learning Symposium, Day 2
http://www.al.ala.org/insidescoop/?p=161
AL Inside Scoop - TechSource Gaming, Libraries, and Learning Symposium, Day 3
http://www.al.ala.org/insidescoop/?p=170

参考:
E693 - テレビゲームを図書館サービスの1つに
http://current.ndl.go.jp/e693
E816 - 2008年度ALA年次大会 <報告>
http://current.ndl.go.jp/e816