ミシガン大学図書館、デジタル化した蔵書のオンデマンド印刷・製本サービスを開始

ミシガン大学図書館(University of Michigan)は、デジタル化した蔵書をオンデマンドで印刷・製本するサービスを開始すると発表しています。

これは、On Demand Books社の自動印刷機器“Espresso Book Machine(EBM)”を使って、デジタル化された本のデータから印刷体の本を作成するもので、1冊あたり5-7分で出来上がるとのことです。Google社との連携でミシガン大学がデジタル化した蔵書"MBooks"200万冊近くや、その他Open Content Alliacnce (OCA)でデジタル化されたパブリック・ドメインの本なども対象となります。1冊10ドル(約1,000円)で学生や一般の人に提供するとのことです。

U-M at forefront of new era of publishing
http://www.ns.umich.edu/htdocs/releases/story.php?id=6735

Espresso Book Machine
http://www.lib.umich.edu//news/stories/espresso_book_machine_415.html

Video:New Age of Publishing
U-M's Shapiro Library is the first university library to install innovative book-making machine
http://www.ns.umich.edu/podcast/video.php?id=405

U. of Michigan Library Installs 'ATM of Books'
http://chronicle.com/wiredcampus/index.php?%20id=3326&utm_source=wc&utm_medium=en

参考:
NYPL、パブリックドメインの本を無料で印刷・提供するサービスを導入へ
http://current.ndl.go.jp/node/6091
ミシガン大学の書籍デジタル化プロジェクト“MBooks”に新機能
http://current.ndl.go.jp/node/8218