CIHRのOA義務化方針が始動

カナダの公的研究助成機関CIHR(Canadian Institutes of Health Research)は2007年9月、助成した研究成果のOA化を義務付ける方針を決定しましたが、2008年1月1日以降に助成を受けた研究に対して、この方針が適用されています。なお、以下の4つが義務付けられています。

・CHIRが助成した研究の成果は、その刊行から6ヶ月以内に、出版社 のウェブサイトまたはリポジトリを通じて無料でのアクセスを可能にすること。
・生物情報学、原子、分子座標に関するデータは、適切な公的データベースへ登録すること。
・オリジナルのデータセットは最低5年保存すること。
・出版物のなかで、助成参照番号を引用し、CIHRの助成を受けていることを知らせること。

CIHR's Policy on Access to Research Outputs is Now in Effect
http://www.cihr-irsc.gc.ca/e/35683.html

参考:
CIHR、OA義務化方針を決定(カナダ)
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=4155