オクラホマ州図書館のアイスストーム被害状況

米国中西部を襲ったアイスストーム(氷の嵐)により、州都オクラホマシティや二番目に大きなタルサ市などを中心に3分の1の世帯が停電に見舞われたオクラホマ州では、道路が凍結したり電力が届かなかったりといった理由で、多くの図書館が被害を受けています。この様子をLibrary Journal誌が報じています。

屋根が被害を受けたり、混乱に乗じてパソコンが盗まれたりした図書館もある中、タルサ市・郡の25館中14館は電力が復旧した日から、10時〜16時までの限定サービスを行っています。その他の時間帯は、暖を取ったり、携帯電話を充電したり、電子メールのサービスを提供したりする場として開放しているとのことです。残りの分館も、電力が復旧し次第サービスを再開する予定です。

Ice Storms Hit Oklahoma; Some Libraries Close, Others Serve as Refuge - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6512809.html