著作権保護期間の延長を巡る著作権者側の動向(日本)

日本における著作権保護期間の延長をめぐっては、著作権者側の活動にも注目が集まっています。

9月22日、著作権関係権利者16団体が、著作権保護期間の延長実現を目指し「著作権問題を考える創作者団体協議会」を立ち上げ、文部科学省等に声明書の説明を行いました。

これに対し、著作権の保護期間の延長をめぐる議論が尽くされないまま、延長が決まるのは問題であるとして、作家・アーチスト等64名を発起人とする「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」が発足し、11月8日、文化庁著作権課等に要望書を提出しました。

保護期間を国際レベルへ−「著作権問題を考える創作者団体協議会」発足 - 社団法人音楽出版社協会
http://www.mpaj.or.jp/topics/2006_18.html

著作権保護機関の延長問題を考える国民会議
http://thinkcopyright.org/