米・SPARC、パブリックアクセスに関する条項を含む「米国イノベーション・競争法案」が米国連邦議会上院を通過したことを歓迎する声明を発表

2021年6月8日、米・SPARCは、同日に米国連邦議会上院を通過した「米国イノベーション・競争法案」(US Innovation and Competition Act)に関する声明を発表しています。

同法案の第2527条では、年間1億ドル以上の研究助成を行っている連邦政府機関に対し、連邦政府による助成を受けた研究成果を対象としたパブリックアクセスポリシーの策定を求めています。その要件には、「査読誌に掲載後12か月以内に、できればより早期の」オンライン上での無料公開、等も含まれています。

SPARCは科学論文へのエンバーゴ設定に反対の立場をとっていることから、今回の声明はエンバーゴの短縮を求める同法案第2527条への上院の支持を歓迎する内容となっています。なお、同法案の成立までには、今後下院での審議と大統領の署名を経る必要があります。

SPARC Statement on Public Access Provisions in the U.S. Innovation and Competition Act(SPARC, 2021/6/8)
https://sparcopen.org/news/2021/sparc-statement-on-public-access-provisions-in-the-u-s-innovation-and-competition-act/

関連:
S.1260 - United States Innovation and Competition Act of 2021(Congress.gov)
https://www.congress.gov/bill/117th-congress/senate-bill/1260/all-actions?loclr=cga-bill

参考:
米・トランプ政権は「購読料の壁」を突き崩すか?:米国大統領府科学技術政策局(OSTP)による政府助成研究成果物のパブリックアクセス方針の検討を巡る議論(記事紹介)
Posted 2020年5月28日
https://current.ndl.go.jp/node/41061

※情報源の日付を修正しました。(2021/6/15)