米国デジタル公共図書館(DPLA)、サービスハブ“Orbis Cascade Alliance”からのコンテンツの提供を開始

2021年6月10日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、サービスハブである“Orbis Cascade Alliance”からの5万点を超すコンテンツの提供を開始したと発表しています。“Orbis Cascade Alliance”は、太平洋北西岸の37の大学図書館によるコンソーシアムです。

今回提供が開始されたコンテンツは、オレゴン州・ワシントン州・アイダホ州の機関からのものであり、日系アメリカ人の強制収容所内の様子を撮影した写真のコレクション「ジョージ&フランク・ヒラハラコレクション」(ワシントン州立大学)・「クースキア強制収容所スクラップブック」(アイダホ大学)、ワシントン州・アイダホ州に居住するインディアンであるネズ・パース族を撮影した写真のコレクション(ワシントン州立大学)、リード大学アーカイブズにある1960年代・1970年代の学生の抗議活動の写真(リード大学)、女性の季節労働としての梨の梱包作業の様子を撮影した写真(南オレゴン大学)が含まれています。

Orbis Cascade Alliance contributes new collections to DPLA(DPLA,2021/6/10)
https://dp.la/news/orbis-cascade-alliance-contributes-new-collections-to-dpla

Alliance Contributes Collections to DPLA(Orbis Cascade Alliance,2021/6/10)
https://www.orbiscascade.org/about/news/dpla/

参考:
米国デジタル公共図書館(DPLA)のサービスハブ“Orbis Cascade Alliance”の課題と現状(文献紹介)
Posted 2019年8月9日
https://current.ndl.go.jp/node/38768

米国デジタル公共図書館(DPLA)、太平洋岸北西部(ワシントン州・オレゴン州)のサービス・ハブからのコンテンツの提供を開始
Posted 2021年5月31日
https://current.ndl.go.jp/node/44098

E2188 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)戦略計画2019-2022
カレントアウェアネス-E No.378 2019.10.24
https://current.ndl.go.jp/e2188

CA1857 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)の過去・現在・未来 / 塩﨑 亮,佐藤健人,安藤大輝
カレントアウェアネス No.325 2015年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1857