韓国・ソウル図書館、利用可能な電子書籍・オーディオブックの点数を約3倍に拡充

2021年1月14日、韓国のソウル図書館が、利用可能な電子書籍・オーディオブックの点数を約3倍に拡充したと発表しています。

コロナ禍により、同館の2020年の電子書籍の貸出数が前年比で2倍以上増加したことをうけて、1月11日に、既存の1万点に加え、1万8,000点の電子書籍(1万5,000点)・オーディオブック(3,000点)を新規に追加したものです。

既存のコンテンツは「買切型」で、同時利用人数制限があり、また、1人当たりの利用可能冊数は5冊でしたが、今回導入した1万8,000点は1冊あたりの貸出人数制限がない「購読(サブスクリプション)型」コンテンツであると説明されています。

同館では、コロナ禍以降でも、市民が購読型コンテンツを利用できるよう、2024年5月まで、毎年、新刊や人気のある書籍を継続的に更新する計画であるとしています。また、長期的には、同館の既存の電子書籍のウェブサイトやビューワの不十分なところを補い、アクセシビリティを高めた「ソウル図書館オンラインコンテンツ統合プラットフォーム」を開発する予定としています。

서울도서관, 코로나시대 전자책‧오디오북 3배로 확대…홈피‧모바일로 본다(ソウル図書館、コロナ時代 電子書籍・オーディオブック3倍に拡大…ホームページ・モバイルで見る)(ソウル図書館,2021/1/14)
https://lib.seoul.go.kr/bbs/content/37_49925

‘대기 없이 이용' 서울도서관 전자책·오디오북 확대(‘待たずに利用’ ソウル図書館電子書籍・オーディオブック拡大)(ソウル特別市,2021/1/11)
https://mediahub.seoul.go.kr/archives/2000145

参考:
韓国・文化体育観光部、全国の公共図書館が休館していることを受け、電子図書館や駅・バスターミナル等設置の「スマート図書館」の利用を呼びかけ
Posted 2020年3月6日
https://current.ndl.go.jp/node/40418

コロナ禍で電子書籍・オーディオブックを利用する兵士が増加:韓国陸軍が運営する電子図書館(記事紹介)
Posted 2021年1月6日
https://current.ndl.go.jp/node/42923

韓国図書館協会(KLA)、「2020年韓国図書館界の10大ニュース」のアンケート調査を実施
Posted 2021年1月21日
https://current.ndl.go.jp/node/43049
※コロナ禍で、図書館での電子書籍の貸出が3倍増