「第64回日本学生科学賞」で筑波大学附属駒場高等学校(東京都)の在校生による「点字を墨字に翻訳するアプリの開発」が内閣総理大臣賞を受賞

2020年12月25日、東京都の筑波大学附属駒場中・高等学校は、同校の高校3年生の在校生が「点字を墨字に翻訳するアプリの開発」により、読売新聞社が主催する日本学生科学賞で内閣総理大臣賞を受賞したことを発表しました。

日本学生科学賞は1957年に開始した中学生・高校生を対象とする科学コンクールです。2020年の「第64回日本学生科学賞」は9月から審査の受付が始まり、事前審査・中央予備審査・中央最終審査を経て、入賞・入選作品が決定しました。

筑波大学附属駒場中・高等学校のお知らせでは、開発者の生徒が課題研究の一環として作成した点字史料に視覚特別支援学校に在籍する友人から多数の誤りを指摘され、自分で点字を添削できる手段としてスマートフォンのカメラを使用してプログラムを作成したという開発の経緯や、アプリとしてすでに実用化していること、障害者を支援する健常者へのサポートとしての重要性など審査員から評価されたポイント等が紹介されています。

快挙!「点字アプリ開発」で日本学生科学賞内閣総理大臣賞を受賞(筑波大学附属駒場中・高等学校,2020/12/25)
https://www.komaba-s.tsukuba.ac.jp/news/%e5%bf%ab%e6%8c%99%ef%bc%81%e3%80%8c%e7%82%b9%e5%ad%97%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%80%8d%e3%81%a7%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%ad%a6%e7%94%9f%e7%a7%91%e5%ad%a6%e8%b3%9e%e5%86%85%e9%96%a3/

NEWS(日本学生科学賞)
https://event.yomiuri.co.jp/jssa/
※2020.12.25付で「第64回日本学生科学賞の入賞・入選作品が決まりました。」とあります。

第64回日本学生科学賞 入賞・入選作品リスト [PDF:829KB](日本学生科学賞)
https://event.yomiuri.co.jp/jssa/assets/pdf/examination/examination-results-list64.pdf

点字墨字変換 - カメラで撮って点字を翻訳(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=io.github.labsprout.braillereader

参考:
韓国国立中央図書館、点字・録音化された詩を検索・利用できる「詩コレクション」を公開へ
Posted 2017年2月23日
https://current.ndl.go.jp/node/33531