米・Educopia Institute、米国におけるデジタルキュレーション及びデジタル保存の研修に関する調査プロジェクトの報告書“Sustaining Digital Curation and Preservation Training in the U.S.: Compiled Project Reports”を公表

2019年9月27日、米国のMLAおよびその他の文化資源保存機関の連携促進を目的とする非営利組織Educopia Instituteは、報告書“Sustaining Digital Curation and Preservation Training in the U.S.: Compiled Project Reports”を公表しました。

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)の助成を受け、2018年7月から2019年6月にかけて実施されたプロジェクト“Sustaining Digital Curation and Preservation Training”で公表された2部の報告書を1部に編集したものであり、米国におけるデジタルキュレーション及びデジタル保存に関する研修の現状評価、研修の持続可能性向上のためのポイント等をまとめています。

Sustaining Digital Curation and Preservation Training in the U.S.: Compiled Project Reports(Educopia Institute, 2019/9/27)
https://educopia.org/sustaining-digital-curation-and-preservation-training-compiled-reports/

Sustaining Digital Curation and Preservation Training in the U.S.: Compiled Project Reports [PDF:27ページ]
https://educopia.org/wp-content/uploads/2019/09/Report_20191001.pdf

参考:
E1650 - 電子情報保存の研修への要望に関する調査報告書(米国)
カレントアウェアネス-E No.275 2015.02.05
https://current.ndl.go.jp/e1650

英国の3機関(DCC、DPC、ULCC)共同で、デジタルアーカイブとデジタル化保存に関する研修の需要調査を実施中
Posted 2015年9月1日
https://current.ndl.go.jp/node/29324