米国図書館協会、GLBT向けサービスのためのツールキットを公開

米国図書館協会(ALA)のGLBT(Gay, Lesbian, Bisexual,Transgender)ラウンドテーブルが、図書館員がGLBTのことを理解し、より良いサービスを提供することを手助けすることを目的に、ツールキット“Open to All: Serving the GLBT Community in your Library”を公開しました。

ツールキットは、あらゆる種類の図書館のために設計されており、資料の購入、プログラム開発、他機関との連携といった事に関する実用的なヒントやリソースが提供されています。

GLBTRT to release new toolkit at PLA Conference(ALA,2016/4/5)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/04/glbtrt-release-new-toolkit-pla-conference

Open to All: Serving the Gay, Lesbian, Bisexual and Transgender (GLBT) Community in your Library(ALA)
http://www.ala.org/glbtrt/sites/ala.org.glbtrt/files/content/professionaltools/160309-glbtrt-open-to-all-toolkit-online.pdf

参考:
CA1725 - セクシュアル・マイノリティの問題と図書館への期待 / 小澤かおる
カレントアウェアネス No.305 2010年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1725

米国図書館協会、GLBTQについての若者向け推薦図書リスト“2016 Rainbow Book list”を公開
Posted 2016年2月4日
http://current.ndl.go.jp/node/30653