ピッツバーグ大学が米国の届出伝染病の記録をデジタル化し、公開

2013年11月28日、ピッツバーグ大学が、米国の届出伝染病の記録に関するウェブサイト“Project Tycho”を公開しました。1888年以降の届出伝染病の記録をデジタル化し、そのデータを利用できるようにしています。

併せて、このデータを分析した研究レポート“Contagious diseases in the United States from 1888 to the present”がNew England Journal of Medicine誌に掲載されたとのことです。

Project Tycho
http://www.tycho.pitt.edu/

Project Tycho™ Data Version 1.0.0 released for public access(2013/11/28付け)
http://www.tycho.pitt.edu/news/#3

Recources
http://www.tycho.pitt.edu/resources.php
※関係論文、利用方法について動画などの掲載あり。

Researchers at University of Pittsburg create digital database of infectious diseases(Washington Post, 2013/11/28付け)
http://www.washingtonpost.com/national/health-science/researchers-at-university-of-pittsburg-create-digital-database-of-infectious-diseases/2013/11/27/550ab118-562d-11e3-835d-e7173847c7cc_story.html

Pitt researchers publish a century's worth of data on contagious diseases(Pittsburgh Post-Gazette, 2013/11/28)
http://www.post-gazette.com/news/science/2013/11/27/Pitt-researchers-publish-a-century-s-worth-of-data-on-disease/stories/201311270206