米国政府がインドと協力して“DATA.gov”のオープンソース化を進行中

米国政府が、インドの国立情報学センターと協力して、米国の政府機関データ公開ポータルサイト“DATA.gov”と、インドの政府文書公開ポータルサイト“India.gov.in”で使われているシステムのオープンソース版を開発しているそうです。このプロジェクトは2011年夏から開始され、2012年にはオープンソースソフトウェアをリリースする予定とのことです。現在、GitHubでその一部である“Dataset Management System”のバージョン1.0-alphaが公開されています。

Data.gov Goes Global (The White House 2011/12/5付け発表)
http://www.whitehouse.gov/blog/2011/12/05/datagov-goes-global

Welcome to the Open Government Platform (DATA.gov)
http://www.data.gov/opengovplatform

Data.gov to be Open Sourced for World-Wide Deployment (Read Write Web 2011/12/5付け記事)
http://www.readwriteweb.com/archives/datagov_to_be_open_sourced_for_world-wide_deployme.php

White House to open source Data.gov as open government data platform (O'Reilly Radar 2011/12/5付け記事)
http://radar.oreilly.com/2011/12/data-gov-open-source.html

Open Government Platform repository (GitHub)
https://github.com/opengovplatform/opengovplatform

India.gov.in
http://india.gov.in/

インド国立情報学センター
http://www.nic.in/

Data.gov.uk、オープンソースコードを公開(情報管理STIUpdates 2010/8/23付け記事)
http://johokanri.jp/stiupdates/info/2010/08/004916.html

参考:
米国政府、政府機関のデータをワンストップで入手できるサイト“DATA.gov”を開設
http://current.ndl.go.jp/node/12896