米国化学会と王立化学協会が持続可能性をテーマにしたウェブサイト運営で提携

米国化学会(ACS)と英国の王立化学協会(The Royal Society of Chemistry:RSC)が、持続可能“sustainability”をテーマにしたそれぞれのウェブサイトの運営で、提携したと発表しました。ウェブサイトは、気候変動や食糧危機、新エネルギー資源などのグローバルな問題に対して、化学という学問がどのように役立つのかということを、一般に広く理解してもらうためのものです。ACSとRSCの提携では、それぞれのウェブサイト上のリソースを共有するほか、科学者や政府関係者、学生などに対して、持続可能性をテーマにしたセミナーを協同で行うとのことです。

Global Challenges/Chemistry Solutions (ACS)
http://portal.acs.org/portal/acs/corg/content?_nfpb=true&_pageLabel=PP_SUPERARTICLE&node_id=2098&use_sec=false&sec_url_var=region1&__uuid=8364e32f-9f1c-4c8c-b5f0-e63aefe34fe2

Chemistry for Tomorrow's World (RSC)
http://www.rsc.org/ScienceAndTechnology/roadmap/index.asp

American Chemical Society, Royal Society of Chemistry jointly launch sustainability websites (2010/7/26付け ACSのニュースリリース)
http://portal.acs.org/portal/acs/corg/content?_nfpb=true&_pageLabel=PP_ARTICLEMAIN&node_id=222&content_id=CNBP_025268&use_sec=true&sec_url_var=region1&__uuid=eac68880-48ba-4807-842e-2396e43b3493

American Chemical Society, Royal Society of Chemistry launch sustainability websites (2010/7/27付け Knowledgespeak.comの記事)
http://www.knowledgespeak.com/newsArchieveviewdtl.asp?pickUpID=10811&pickUpBatch=1486#10811