E255 - 出版社団体が出版の自由を求め提訴(米国)

カレントアウェアネス-E

No.46 2004.10.20

 

 E255

出版社団体が出版の自由を求め提訴(米国)

 

 米国大学出版局協会(AAUP)など4団体は,9月27日,米国財務省海外資産管理局(OFAC)の規定が出版の自由を妨げているとして提訴した。OFACはイラン,キューバ,スーダンとの通商を禁止しているが,その規定は出版にもおよんでおり,当該国の著者の著作物を出版するには特別なライセンスが必要としている。また,原著を編集・加筆することも原則的に禁じている。違反した場合には懲役刑や罰金が科される。

 こうしたOFACによる規定が,通商停止状態にあっても情報資源は例外としたこれまでの議会の決定に抵触しており,また経済制裁下にある国の情報でも出版を制限することは出版の自由に抵触し違憲であると,出版社団体側は提訴の理由を述べている。同時に,編集等に関してどの程度まで許されるのかといった基準が二転三転し,かつ曖昧なままになっており,出版する意欲を不当に減退させているとも指摘している。

Ref:
http://www.biomedcentral.com/news/20040928/03/
http://www.aaupnet.org/ofac/release.html
http://www.aaupnet.org/ofac/