E2378 - 小平市立図書館によるレポート作成支援講座のオンライン実施

カレントアウェアネス-E

No.412 2021.05.13

 

 E2378

小平市立図書館によるレポート作成支援講座のオンライン実施

小平市健康福祉部(元小平市中央図書館)・松本航季(まつもとこうき)

 

   小平市中央図書館(東京都)は,2020年11月28日に,オンライン講座「START UP!レポート作成支援講座」を実施した。本稿では,当イベントの実施背景と実施内容を報告し,最後に総括を行う。

●実施背景

   新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況に鑑み,当館においても,感染拡大防止の観点から,長時間の館内利用の自粛や,必要最低限の対話によるサービス等の対策を行っている。また,学校教育機関においては,オンラインでの授業を実施する等の対策を講じている様子がうかがえた。従来とは異なる方法であることから,授業の受講において新たな問題が発生しているのではないかと考え,特に高等学校・大学において,自身で調査・研究を実施することに課題を持つ生徒・学生が多いのではないかと予想した。実際,いくつかの大学のウェブサイトにて公開されていた,オンライン授業に対する学生への調査においても,このような意見は多い印象であった。小平市立図書館では,市内高等学校の学校図書館や大学図書館との連携は乏しく,各種取組の実施を依頼する体制が構築されていない状況である。しかしながら,前述の大学の調査結果から,学生の一定数が課題を抱いている現状があり,同世代という点から,市内の生徒・学生においても同様の課題を有しているのではないかと考えた。そこで,公共図書館として「学生の課題解決支援」という観点から,前述の課題に対する解決に寄与することを目的とした取組を実施したいと考えた。

   しかしながら,先に触れたとおり,感染症対策を十分に講じる必要があった。そこで当館では,対面を要さない方法でイベントを行う手段として,ウェブ会議システム(Zoom)を利用したオンライン講座を企画するに至った。

●実施内容

   講座は「(1)インターネット情報源の活用の仕方について」「(2)レポート作成の仕方について」の2部構成で実施し,図書館職員が講師(2人)を務め,その他,機器操作支援(1人)も行った。初めに情報を探す方法を学んでもらい,その後実際に活用するという手順を学ぶことを目的としたためである。講座は今までこの分野に触れたことが無い生徒・学生にもわかるように,初歩的なレベルになるように配慮したが,一連の講義を受けてもらうことで,情報の収集から活用まで進めるような構成とした。

   なお,講座をオンラインで行うことから,内容はインターネットに関わることを多く扱った。そのため,今後,自宅で調査・研究せざるを得ない状況となっても,インターネット環境があれば応用できるようになっている。また,(1)では,直接検索に関わることではないが,URLの構造や情報メディアの特徴等についての説明も行うことで,情報リテラシー能力の向上に寄与できるように工夫した。

●総括

   本講座において留意したことは,申込みから参加まで自宅で完結できることである。当日はもちろん,申込方法についても,東京共同電子申請・届出サービスを用いて,電子申請でのみ受付を行った。当館で申込から参加までオンライン上で完結させた試みは過去になく,準備には時間を要した。しかし,利用者への課題解決支援における新たな手段を獲得し,今後のサービスの拡充に寄与できたと考える。

   しかし,事前に,申込者から,通信に関する問い合わせが数回あった。従来の対面で実施している取組においては,実施環境の用意等は主催者側が十分に行えるが,オンラインの場合は見ている環境が参加者により違うこともあり,対応には時間がかかることが予想された。その対策として,当館では希望者に対して事前にZoomの通信テストを実施した。また,事前に参加手順も配付し,可能な限り支障なく参加できるように配慮した。その結果,当日は予定通りイベントを進めることができた。オンライン講座を実施する場合は,このような参加者側が抱き得る疑問について,あらゆる状況を想定して備えることが,特に注意すべき事項であると考える。

   今回は感染症対策を目的として上記の方法で実施したが,オンラインでの取組は対象者によってより貴重なサービスになると考える。例えば,子育て中の保護者においては,子どもを連れて会場に行くのが困難な可能性がある。オンラインであれば,自宅から参加することができ,時間とインターネットへの接続環境さえ用意してもらえれば,その制約がなくなる。このようなアウトリーチサービス的視点としても,オンラインの需要は,コロナ禍が収束した後もますます高まることが予想される。全国の図書館においてもビブリオバトルや対面朗読のオンライン実施を試行している様子が伺え,引き続き当館としても,オンラインで提供する新たなサービスを検討したい。

Ref:
“START UP! レポート作成支援講座の開催”. 小平市立図書館.
https://library.kodaira.ed.jp/eventT/?id=116
“【中央】Zoomでミニビブリオバトル”. 稲城市立図書館.
http://www.library.inagi.tokyo.jp/index.php?key=joapuw1c1-554#_554
“視覚障がいがある方へのサービス”. 大阪府立図書館.
https://www.library.pref.osaka.jp/central/taimen/taimen_shika.htm
2020年度前期オンライン授業に関する学生アンケート調査 調査結果概要報告. 愛知東邦大学.
https://www.aichi-toho.ac.jp/wp-content/uploads/2020/09/20200928_online_questionnaire.pdf
“オンライン授業に関する学生アンケートを実施しました(調査報告)”. 京都ノートルダム女子大学. 2020-05-13.
https://www.notredame.ac.jp/news/news/2159/